オーマイボス恋1話の視聴率とネタバレあらすじ 麗子と潤之介の関係!?

オーマイボス恋1話の視聴率とネタバレあらすじ 麗子と潤之介の関係!?

スポンサーリンク

1月12日(火)の22時から始まる「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」。2020年も絶好調だった火曜日10時のドラマ枠。

2021年1本目は、「恋つづ」にもでていた上白石萌音さんが主演を務められます!

ドラマのあらすじでは主人公の奈未が上京するきっかけとなった幼馴染の健也のキャストが発表されていませんでしたが、ついに明らかになりました。

健也役は犬飼貴丈(いぬかい あつひろ)さんです。ぎりぎりに発表された健也役ですが、1話から出演はあるのでしょうか?

この記事では、

紹介する内容

  • オーマイボス恋1話の視聴率
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の1話のあらすじ ※ネタバレあり
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の感想
  • 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」主な出演者

以上が分かります。

 

スポンサーリンク

オーマイボス恋1話視聴率は?

「オー!マイ・ボス 恋は別冊で」1話の視聴率は11.4%でした。

昨年(2020年)の1月期に放送された同じく上白石萌音さん主演の「恋はつづくよどこまでも」が初回第一話で初回9.9%でした。

このドラマ枠は昨年の「この恋あたためますか」の後番組であり、最近のトレンドでもある「キュンキュン」するドラマ枠として定着しているのが理由と考えられます。

また、昨年に続き上白石萌音さんの人気も影響していると思います。

2話以降も世の中の関心が気になります。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第1話 ネタバレあらすじ

幼馴染を追いかけ上京する平凡志向の奈未

鈴木奈未 (上白石萌音) は片思いをしている幼なじみの健也(犬飼貴史さん)を追いかけ、田舎から上京し就職活動をしています。

「普通」「人並み」「安定」を目指し、特別な人生を送ることは望んでいません。

運命の出会いがドラマのはじまり

大手の出版社である音羽堂出版での定時勤務の備品管部の求人を見つけて、面接を受けることになった奈未。

面接までの時間を潰そうとしている奈未が座ろうとした椅子はペンキ塗り立て。

奈未は気づかず座ってしまい、スカートを汚してしまいます。そこに居合わせたのが子犬系男子の潤之介 (玉森裕太)。

これから就職面接と伝えると潤之介が新しい替えのスーツを選んでくれるという展開に。。。

後日、音羽堂出版から採用の連絡が。

しかし、採用されたのは面接を受けた備品管理部ではなく、新設されたばかりのファッション雑誌編集部。

実は潤之介が選んだスーツを着ていた奈未をたまたま見かけた副編集長の半田進(なだぎ武)の目に留まり採用になったのです。

初出勤からドタバタ

出勤初日。奈未は会社で迷子になってしまいますが、通りかっかった副社長の宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリアさん)のおかげで、編集部にたどり着くことができました。

編集部では荷物を移動したり、大忙し!挨拶するも冷たい対応の編集部の一面。

立ち尽くす奈未は上司の半田進 に青山に行く様に指示を受けます。

奈未は指示されたレストランに到着するとすぐに、ある女性かあら大量の荷物を持つように言われます。

編集部に荷物を持って戻る奈未。

中沢涼太 (間宮祥太朗さん)、和泉遥 (久保田紗友さん) 、和田和美 (秋山ゆずきさん) 、加賀栞 (太田夢莉さん)など編集部のメンバーが勢揃い!

わがままなモデルに傲慢な態度で荷物を持つように言われたと不満をこぼす奈未。それを聞き固まる編集部一同。

後ろから先ほどの「わがままなモデル」が登場。

そのわがままなモデルこそ、奈未が採用された編集部「MIYAVI」の編集長の麗子(菜々緒)でした。

奈未の仕事内容は編集長の雑用係だった

なぜ、さっきのわがままモデルがここに。。。

状況が理解できてない奈未のお仕事は、超ストイックな編集長・麗子の雑用係でした。

秘書でも事務でもなく、カリスマ・麗子の細々した買い物や交通手段の確保やお使い、荷物持ちなんでもさせられます。

平凡な生活とは真逆の世界に足を踏み入れていたのでした。

自分とは志も考え方も違う同僚たち

編集長の雑用をこなす奈未。せっかく東京に来たのに、幼馴染の健也にも会えず、忙しい毎日に疲れ切った奈未。

「MIYAVI」創刊号の撮影日。ファッション用語も分からず、撮影スタジオでのマナーも分からず、まわりに迷惑をかけてしまいます。

編集部に戻り、中沢涼太 (間宮祥太朗さん)に迷惑をかけたことを謝罪する奈未は「迷惑だ」と言われる。

そこで、ほかの編集部のメンバーは何かしらの野心をもって頑張っていると聞かされる。

 

和泉遥 (久保田紗友)と食事することになり、こんなハズじゃなかったとぼやく奈未。

しかし、遥はファッション誌の編集者になる夢を語る。ほかのメンバーも一生懸命勉強して自分の夢を実現するために頑張っていると。

「結婚までの腰掛けで働くならほかの仕事があるのでは?」あなたのような考えではファッション編集部は務まらないとバッサリと切られる。

初回から奈未の片思いは撃沈

週末が誕生日の健也。友達が誕生日会を開いてくれる予定で、そこに奈未も呼ばれます。「紹介したい」と言われ、奈未は喜びます。

健也のお誕生日会当日。奈未は健也と結婚することを考えていましたが、なんと健也には婚約相手が・・・。

健也は婚約相手を奈未に紹介したいだけでした。やっと会えた健也への片思いも叶わず落ち込む奈未。

潤之介との再会

誕生会の後に、彼氏とのデート帰り用にタクシーを呼ぶために、麗子に呼び出される奈未。これまでの仕事に対する文句を、奈未は麗子に言いますが、雑用を軽んじていると怒られてしまいます。

怒られ、泣いてしまった奈未。

帰り道、潤之介と初めて出会った椅子に座ってケーキを食べようとしていると、潤之介に再会します。

そしてなんとバイクでデートに誘われます!そしてまさかの千葉までドライブ。海を見たり、甘いおしるこを飲んだり、落ち込んでいる奈未を見た潤之介なりの励ましでした。

奈未の気持ち

海を見ていると、遥から電話が。なんとミスで、翌日朝からの「MIYAVI」創刊号の表紙撮影で使用するバラの手配が出来ていなかったのです。

奈未は仕事を辞めようとしていたはずなのに、遥のために慌ててバラを探します。さらに遥のミスを、自分のミスだとかばいます。

奈未のアイディアが編集部を動かした

みんなの努力の甲斐もなく、ばらは十分な数集まりませんでした。

奈未はバラが集まらないのならと、バラ園での撮影を思いつきます。なかなか撮影を許諾しない花園のオーナー。

そこにまさかの変種調麗子が登場し、苦労を労いつつ、土下座をして、撮影をお願いをします。

無事に撮影が出来ることになります。

嘘の土下座

バラ園での麗子の言葉に感銘を受けた奈未ですが、麗子の言葉は嘘で、広告費5000万分の価値がある判断し、麗子は土下座し、感動的な話をしたのだと、知らされます。

麗子という人物

創刊号の表紙の撮影当日に知った麗子の仕事。

奈未は麗子が今まで、ただただ男性とデートをして遊んでいるだけだと思ってましたが、すべては仕事のための会食だったことも分かります。

自分がやっていた雑用はそのためのサポート。単なる召使だと思いながら仕事していた奈未は麗子の仕事を知ります。

仕事を辞めようとしていた奈未ですが、辞めることをやめました!

潤之介からの告白?

困ったときに現れるので、奈未は潤之介をヒーローだと思います。そのお返しに、潤之介の願いを聞くことになりますが、願いは「彼女になる」こと。

正確には「彼女のふり」なのですが、奈未は舞い上がります。結婚をさせたがる母親を説得するために、まずは姉を味方につけるべく、「彼女のふり」をすることになります。

\潤之介が連れてきた姉はなんと、麗子・・・!/

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第1話の感想

ボス恋感想: 奈未と潤之介の出会いにキュン

面接までの時間を潰すのに、椅子に座ろうとした奈未。なんとその椅子は「ペンキ塗り立て」!

それに気がついてた潤之介は助けようとして、抱きしめてしまいます!出会ってすぐに抱きしめられるなんて・・・。それも束の間、奈未は潤之介を突き飛ばし、椅子に座ってしまいます。

2人が出会うきっかけとなったベンチがるのは目黒にあるなかめ公園橋。見ていて気がついた方もいらっしゃると思いますが、前クールの「恋あた」でも度々登場した橋ですよね!

そして汚れたスーツから着替えるために、お洒落なお洋服屋さんでセットアップを購入することになります。洋服が無事に決まり、面接の時間がせまる奈未に、頭ぽんぽんする潤之介!さりげなくて、男前でした。奈未はそれどころではないようでしたが・・・

ボス恋感想:「ジーザス」がかっこいい!

いろんなお店でのお使いを済ませて、会社に帰ってきた奈未。ですが、荷物をもったままこけてしまいます。そんな奈未に麗子が言い放った言葉は「ジーザス(神様)」!

パリ帰りな設定な麗子。とっさに出る一言も英語なのがかっこいいですね。

ぶつぶつ言う奈未へ言い放った「アンダースタン?(理解した?)」もカッコ良かったですね。

 

ボス恋感想:麗子のファッションが素敵

真っ黒のコーディネイト、会食用のエレガントなワンピースの数々、黄色いコート、真っ白なコーディネイト・・・。どれもハイブランドのお洋服だそうですね!菜々緒さんにとっても似合っていて、初対面で奈未が麗子のことを「モデル」と表現するのも「仕方なし」です。

スポンサーリンク

ボス恋感想:バイク2人乗りなんて羨ましい〜!

ちょっと掴んでいた手を、がっつり掴むように握られたり、耳元で話をしたり・・・。「しょっぱいものを食べよう」と誘われたはずなのに、千葉の海に連れて行かれる奈未。

海を見ながら、おしるこを差し出す潤之介。彼なりの励ましだったようです。

「夢」を持つことだけが素晴らしいことではないと、潤之介なりの考えを奈未に話していて、考えさせられました。

ボス恋感想:菜々緒の5000万の土下座

バラ園での「MIYAVI」創刊号表紙撮影のために、土下座をしてお願いをする麗子!創刊号にかける熱い思いが伝わってきましたね!さらには歴史の話まで使って、メディア露出を嫌がるバラ園の経営者の気持ちを一変させました。

のちにこの歴史の話は嘘で、土下座も5000万円の価値があるからやったと、奈未に暴露する麗子。

どこまでも賢く、自分のプラスになるように行動していたんですね。完敗です。

ボス恋感想:「俺の彼女になってほしい」

困っている時に助けてくれて、ヒーローみたいだと奈未に感謝される潤之介。助けたお礼に「彼女になってほしい」と!「彼女のフリ」をして欲しいとの真意でした。ですが、いきなり言われたら、奈未みたいに舞い上がってしまいますよね!

お願いの仕方がかっこいいですよね。

まずはとお姉ちゃんを紹介されますが、そのお姉ちゃんは麗子!麗子の前での「彼女のフリ」。無事にやりすごせるのでしょうか?

オーマイボス恋次回(2話)の展開予想と見どころ

ペンキ塗り立てのベンチをきっかけに、運命の出会いを果たした奈未(上白石萌音さん)と潤之介(玉森裕太さん)。再会をきっかけに、いきなり千葉の海までドライブをしたりと、まだ出会って間もないとは思えない関係に。

そして、潤之介のお見合いを断るために、奈未は潤之介の彼女のふりを引き受けます。

いきなりお姉ちゃんの前で、彼女のふりをするだけでも大変なのに、お姉ちゃんはなんと宝来麗子(菜々緒さん)。

きっと核心をつく質問を麗子はいっぱいするんだろうなぁと想像できます。どんな嘘を重ねるのか、気になります。

会って3回目で、お姉ちゃんに会わないといけないなんて、結構大変ですよね。きっとどんな人かもまだわかり合えていないですし・・・

そして奈未のヒーロー・潤之介!お仕事の交渉で困っても、職場の人でなく、助けを求めるのが潤之介なのが、奈未らしいのでしょうか。奈未のピンチをどう潤之介が助けるのか、楽しみです!

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第1話 主な登場人物

鈴木奈未 (上白石萌音さん)

幼なじみに片思いをし、田舎から上京してきます。転職活動で見つけたのは。大手出版社の音羽堂出版・備品管理部。ですが、配属になったのはファッション雑誌編集部でした。

ストイックな編集長・宝来麗子 (菜々緒さん)の雑用係を任され、出勤初日から、早速こき使われてしまいます。

 

潤之介 (玉森裕太さん)

カメラマン。ひょんなことから、奈未と出会い、ピンチを助けます。

 

宝来麗子 (菜々緒さん)

新設されたファッション雑誌編集部で、新創刊のファッションモード誌「MIYAVI」の編集長です。ストイックな性格で、出勤初日から、雑用係の奈未をこき使います。

ボス恋の動画配信情報

「オー!マイ・ボス 恋は別冊で」の動画配信はPraviとTverで見逃し配信があります。

Tverは最新話のみ1週間限定で広告が入るので、Paraviがおすすめ!

Pravi

Praviでは「オー!マイ・ボス 恋は別冊で」が放送終了後から見逃し配信されます。

初回は2週間無料でほかのドラマや映画からスポーツニュースまですべて視聴できます!

★広告なしでストレスなく視聴可能★

 

2週間無料体験はコチラから/

Paravi公式サイト

 

ボス恋 1話のネタバレ感想!まとめ

いよいよ始まった「ボス恋」!

困ったときに現れるヒーローみたいな子犬系男子・潤之介の言動にキュンとしてしまいました。どれもさりげない言動なのに、破壊力は絶大です。

そして予想通り麗子のお仕事ファッションが、どれもエレガントで素敵でした。

奈未が「彼女のふり」を無事にやり遂げられるのか、気になりますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です