物件探しの時に気をつけること 隣人や騒音問題のチェックの仕方は?

積み木

 

賃貸物件を探す上で、気をつけたいポイントはたくさんあります。

多くの方が、間取りや設備に注目しがちですが、物件探しで気をつけるべきことは、部屋の間取りや設備だけではありません。

生活していく上で顔を合わせる隣人や、意外と気になる騒音についても、しっかり確認しておく必要があるのです。

隣人付き合いや 騒音については、内見の時にはなかなか気づきにくく、入居してからトラブルになることが多々あります。

最悪の場合引越ししなくてはならず、無駄なお金と時間がかかってしまう可能性もあるのです。

そのような事態を防ぐためにも、後悔しない物件探しの方法を身につけましょう!

スポンサーリンク

物件探しの時に特に気をつけておいたほうが良いこと

 

賃貸物件を探す際に気をつけておきたい事項はいくつもあります。

代表的なポイントをご紹介します。

 

チェック天井のシミの有無

天井にシミがあるということは、雨漏りや水漏れの可能性が大いにあります。

心配な方は雨の日に内見を頼み、部屋の様子を見てみましょう。

 

チェック1階が店舗はNG物件

建物の1階がコンビニ等の店舗の物件は、一見便利そうに見えますが避けるべきです。

騒音だけではなく、食べ物やタバコの臭いが漂ってくる場合もあります。

 

チェックプロパンガスは割高

プロパンガスと都市ガスは、都市ガスの方が値段が低い為オススメです。

料理をする方は特に、都市ガスを選ぶようにしたいですね。

 

チェック携帯電話の電波もチェック

山奥の物件ではなくても、大きな建物の横に建てられた物件ですと、以外に電波状況が悪かったりします。

内見の時に必ず電波をチェックし、いつでも使える状態であることを確かめておきましょう。

この他にも、女性の一人暮らしは更に気をつける点があります。

それは「防犯」です。

  • 玄関の鍵は2つ以上で、ピッキングされにくい
  • 道路沿いなど人の往来があり、奥まった立地の建物ではない
  • 変質者やストーカーに尾行される危険性があるので、最上階の角部屋は避ける

最上階の角部屋は尾行された時に逃げ場がなくなってしまいます。

以上3つのチェックポイントを頭に入れ、安心して暮らせる物件を探しましょう!

物件探しの時には隣人や周辺の住民も確認しておきましょう!

庭の柵

 

前項で紹介したように物件探しで気をつける点はたくさんありますが、意外と盲点なのが隣人や周辺住民についてです。

隣人のリサーチは忘れずにやっておきましょう。

集合住宅で暮らしていくには、良き隣人の存在は欠かせないからです。

防犯上のことはもちろん、騒音の問題もあります。

自分と生活のリズムがどの程度同じなのかも考えてみましょう。

全く違う生活リズムの方が住んでいた場合はお互いに生活音でストレスになる場合もあります。

スポンサーリンク

物件探しの最優先事項にはならないと思いますが、いざ生活してみると意外と気になるものです。

隣人のリサーチに関しては、内見時にそれとなく探りを入れるか、不動産屋の担当者に直接尋ねるのが正解ですね。

ただし担当者に聞いても、守秘義務からか詳しく教えてくれない場合もあります。

また、引越し後には出来れば隣人への挨拶をしっかりしましょう。

最近ではご近所付き合いも希薄になり、引越しの挨拶など必要ないと思われがちです。

ですが、集合住宅で暮らすということは、多かれ少なかれ隣人に迷惑をかけてしまう場面が必ず訪れます。

女性の一人暮らしならば無理に挨拶する必要はないですが、出来れば引越し後にきちんと挨拶を済ませ、お互いに気持ちよく過ごせるようしたいですね。

スポンサーリンク

物件探しの時に考慮しておきたい騒音問題

ヘッドフォン

 

集合住宅で最も多いトラブルとして、騒音問題があります。、

一口に騒音問題とは言いますが、隣人の騒ぎだけではなく普段の生活音が気になり、騒音問題に発展する事もしばしばです。

騒音問題に悩み苦しまない為の部屋選びのコツについて、ご紹介していきますね。

POINT鉄筋コンクリートで作られた物件を探す

木造や鉄骨で作られた物件に比べ、鉄筋コンクリートで作られた物件は、音を気にする方向けと言えます。

なぜなら、鉄筋コンクリートは部屋の気密性が高く、音が周囲に漏れにくいからです。

POINT間取りにも注意する

鉄筋コンクリート製の物件が厳しいのであれば、出来るだけ音が気になりにくい間取りの部屋を探しましょう。

具体的には、「隣の部屋に接している部分が少ない」という点を念頭に選ぶと良いですね。

自室と隣の部屋の間に廊下があったり、クローゼットや押入れがあれば、隣同士の生活音はそこまで気になりません。

しかし、リビングが隣接しているような物件であれば、些細な音でも気になってしまう恐れがあります。

隣との間取りが分からなければ、不動産屋の担当者に尋ねてみましょう。

 

まとめ

 

賃貸物件探しの際に来wつけておきたいポイントをご紹介しました。

物件探しは、意外と見落としがちなチェックポイントがあります。

1階が店舗の物件やプロパンガスの物件は出来るだけ避け、内見時には水漏れの有無と携帯電話の電波の確認を行いましょう。

更に女性の一人暮らしであれば、防犯面にも気を配った物件探しが必要になってきます。

鍵の数や部屋の立地に気をつけ、怖い思いをしなくて済むような部屋に住むようにしましょう。

内見時には、必ず隣人のリサーチを行うようにします。

不動産屋の担当者に尋ねる方法もありますが、守秘義務がある為詳しく教えてくれない可能性もある事を覚えておきましょう。

騒音問題を避けたいのであれば、鉄筋コンクリート製の物件がオススメです。

鉄筋コンクリート製の物件は厳しい場合は、部屋同士が隣接している部分が少ない物件を探しましょう。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です