コピルアクが汚いと言われる理由は?最高級コーヒーの味と値段!

コピルアクが汚いと言われる理由は?最高級コーヒーの味と値段!

スポンサーリンク

「珈琲」を題材にしたドラマ「珈琲いかがでしょう」。珈琲の情報もゲットでき、今まで珈琲派ではなかった人も、つい飲みたくなってしまうドラマです。

第4話の「ファッション珈琲」で登場するコピルアク!

世界一高級な珈琲として有名ですが、このコーヒーは汚いと言われているんですよね。

高級珈琲と言われているのに汚い??

こちらでは高級珈琲豆のコピルアクが汚いと言われてしまう理由や金額、味などをご紹介します。

コピルアクが汚いと言われる理由は?

ズバリ、ジャコウネコのフンから採取する珈琲だからです!

文字だけだとパンチがありますよね・・・

インドネシアでは、ジャコウネコは珈琲の木の実を餌として食べるようなのです。

果肉は消化されるのですが、消化しきれなかった種がフンと一緒に排出されます。

その種をフンから取り出し、洗浄し、乾燥させ、焙煎したものがコーヒー豆として販売されます。

洗浄されていて、種の皮は一つずつ丁寧に剥がされているとのことですが、どうも汚そうと思ってしまいますよね。

ちなみにですが、ジャコウネコ、なんと果実しか食べないお上品な猫。そのため、フンとはいえ臭いはありません。

スポンサーリンク

高級コーヒー コピルアクとは?

飲まれるようになったきっかけは?

コピルアクの原産国はインドネシア。インドネシアはかつて、オランダの植民地でした。そのため、インドネシアで育てられたコーヒー豆はオランダのものになり、インドネシア人は珈琲を飲むことを禁止されていました。

それでもやはり珈琲を飲みたかったインドネシア人が、ジャコウネコのフンから豆を採取して、飲むことを考えたと言われています。

名前の由来は?

コピ=珈琲(インドネシア語)

ルアク=マレージャコウネコ(インドネシア語)

そのままですね(笑)!!

コピ・ルアク、コピ・ルアック、ルアック・コーヒーと呼ばれることが多いです。

ちなみにフィリピン産のものは「アラミド・コーヒー」と呼ばれます。

ちなみにジャコウネコって??

アジアやアフリカの熱帯林に生息する動物です。体長は60センチ程度と小さめ。

名前は「ネコ」ですが、イタチやタヌキみたいな見た目です。そのため、「イタチ珈琲」なんてルピアルクを呼ぶこともあります。(実際にはイタチではないので、間違いなのですが・・・)

スポンサーリンク

コピルアクってどんな味?

味は?

コピルアクは苦味がが強めのコーヒーです。ジャコウネコの腸内にある消化酵素や腸内殺菌の発酵の影響で、複雑な味わいになっています。

匂いは?

意外と強い匂いはなく、チョコレートやバニラのような甘い香りが特徴です。

カフェイン

なんと通常の珈琲の半分と言われています。ジャコウネコの体内を通過する中で苦味とカフェインが減るそうです。

飲んだ人の感想

味よりも香りという意見がありました!そんなに良い香りなですね。

 

淹れる温度でも味が変わるという意見もありました。繊細な珈琲なんですね。

 

麦茶!それならイメージが湧きやすいですよね。

 

不思議との意見が一番多かったです。気になってきました!

スポンサーリンク

コピルアクの値段は?

100グラムの豆を買った場合、平均すると5,000円前後、3,000〜8,000円程度で販売されているようです。

高いですね。。

コーヒー専門店で購入すると値段相場は100gあたり400~¥600程度なのでかなり高額な珈琲ですよね。

50グラムにはなりますが、ドンキホーテでは2,580円で販売もしていますよ。

ちょっと試すには良いかもしれません。

喫茶店やカフェで飲む場合には、かなり金額に差があります。

2,000〜5,000円程度が多いようですが、高いと8,000円なんてことも。

飲む前に金額は確認した方が良さそうですね!

豆で買うにしても、お店で飲むにしても、かなりお高めな印象のコピルアク。金額が高いのには理由があります。なぜなら「貴重だから」。

1匹のジャコウネコから取れる豆は1日3グラム程度なんです。珈琲1杯淹れるのに、12グラム必要なので、なんと4日分・・・!

フンから取り出し、皮を剥ぐ作業もあるため、金額が高くなってしまうようですね。

まとめ

貴重な珈琲・コピアルク。私も調べ始めた時には、フンから取り出したコーヒー豆か・・・と思ってしまいましたが、どんどん気になってきてしまいました!

独特な香りがとても人気なようなので、是非プロが淹れた美味しいコピアルクを飲んでみたいなと思いました!かなり高価ですが、自分で淹れて失敗したくない金額じゃないですか?

私が普段行くような珈琲ショップではなかなかお目にかかることがないですが、たまにはリッチな珈琲でリラックスタイムを味わいたいです。ぜひ見かけた際には試してみてはいかがですか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です