森七菜の前髪の作り方!多毛の人でもシースルーバングにする方法を現役美容師が解説

森七菜の前髪の作り方!多毛の人でもシースルーバングにする方法を現役美容師が解説

スポンサーリンク

 

森七菜さんの前髪はシースルーバングと言っておでこが透けて見える薄い前髪です。

ここ数年は厚めの前髪よりもシースルーの前髪が流行っていますね。

この記事では美容室でカットしてもらって、森七菜風の前髪にする方法と切らずに自分で行う方法を紹介します。

えみり

美容師歴8年目の現役美容師。ヘアーはもちろん美容全般が好きです。美容に関するいろいろな情報を発信しています!
スポンサーリンク

森七菜さんのような前髪の作り方

 

この投稿をInstagramで見る

 

森七菜 Nana Mori(@morinana_official)がシェアした投稿

森七菜さんのような前髪にするには前髪の量を減らす必要があります。

ただ、減らすからと言ってすきばさみを使うことはおすすめ出来ません。

すきばさみは確かに量を減らすことに適していますが、前髪のようにそもそもの長さが短い場所に使うのはリスキーです。

「すく」ことで前髪よりさらに短い毛ができると前髪が浮いてしまったり、まとまりがつかなくなってしまいます。

前髪の量をすいて減らすのではなく、前髪の幅を狭めて量を減らしていくのをオススメします。

 

切らずに森七菜さん風の前髪にする方法

 

切らずに森七菜さんのようなシースルーバングにするにはヘアピンを使って自分の好きな前髪の量にしましょう。

ひとりひとり顔だちも違うので似合うシースルー具合も違うと私は考えています。

自分にはどのくらいのシースルー具合が似合うのかを鏡を見ながら研究してみてください♪

  • 前髪の両横幅を少しずつ減らしていきピンでとめても良いです◎
  • 前髪を上下で分けて上の部分を減らしてピンでとめても良いです◎

どちらでやってもシースルーにはなるのでご自身のやりやすい方法でやってみてくださいね。

美容室で森七菜さん風の前髪にしてもらうには?

 

美容室に行き、美容師さんにシースルーバングにしてもらう時のオーダーするときは、

長さは目にかかるくらいで、シースルーバングにして欲しいので前髪の幅(横幅)を狭めて量を減らしてください。

と伝えてみましょう。

 

私もシースルーバングにしていますし、お客様からオーダーいただくときに一番言われるセリフです。

 

シースルーバングにすることで、前髪として切られてきた横幅の髪を前髪ではなくて顔周りの髪として伸ばしていくことになります。

最初は慣れないし、気付いたら前髪としての立ち位置に元々の生え癖で戻ることもありますが、毎日気付いた時に横に引っ張ってください。

長さが伸びてくるまでの辛抱です!(笑)

 

森七菜風前髪アレンジ方法

 

前髪のアレンジ方法をご紹介しますね。

いらない前髪をねじって金色のピンでとめると一気におしゃれ度アップのアレンジです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

asuka(@tamanegi.k)がシェアした投稿

 

 

森七菜さんのインスタグラムから紹介!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

森七菜 Nana Mori(@morinana_official)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

森七菜 Nana Mori(@morinana_official)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

森七菜 Nana Mori(@morinana_official)がシェアした投稿

 

ご紹介した画像のようにするには、

ピンでとめてから少しオイルを前髪につけてあげる

そうすることで、よりシースルーバングになります。

 

シースルーバングに使うおすすめのオイル

 

◆NiNE(ナイン) マルチスタイリングオイル ライト

ナインのオイルは植物油ならではの匂いもなく、どの髪質も流行りのウエットな質感にしてくれます。

オーガニックの商品なのでスタイリング後は手になじませて手の保湿もできて一石二鳥です。

 

森七菜風前髪の作り方まとめ

 

今回は厚め・重ための森七菜さんのようなシースルーバングにする方法をご紹介しました。

ねじってピンでとめるだけでもちょっとしたアレンジっぽくもなりますしおしゃれ度もあがるのでオススメです。

ピンでとめて少しずつ量を減らしていき、自分がしっくりくるシースルーバングに出会える事を願っています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です