あな犯3話見逃し!60秒で分かるストーリー解説と感想を紹介!

あな犯3話見逃し!60秒で分かるストーリー解説と感想を紹介!

スポンサーリンク

「あなた犯人じゃありません」の見逃しドラマ解説をしています。

ドラマが観れなかったけどストーリーを作っと知りたい人に30秒で分かるストーリを紹介しています。

次回のあらすじも紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

あな犯第3話60秒でわかるあらすじ

兎遊の告発

兎遊(本人)がボールドウィン零(本人)が犯人だと告発してきます。兎遊の撮った映像に、ボールドウィンが走って逃げる映像が撮れていたというのです。

日比野と五島はギャルサーの2人から、半年くらい前からこの2人が喧嘩中だと情報を入手します。

二人のSNSから二人がかなり仲が悪いということが読み取れるのでした。

ボールドウィンの自白

ボールドウィン零は動画の再生回数を稼ぐため、兎遊と泉先生(北乃きいさん)がやらせ動画を撮影する打ち合わせをしているのを聞いてしまったと告白します。

ボールドウィン零の証言。やらせを暴こうとし、舞台となる理科室へ向かったところ理科室にはウエディングドレスを着た泉先生がいました。

「やらせ」をしていることを知っていると泉先生にボールドウィンは伝えます。

泉先生はそのまま、プールへ走って逃げ、追いついたボードウィンは先生を突き飛ばします。倒れる時に、事故で包丁が先生の胸に刺さってしまいます。

それで泉先生は亡くなったと。

その模様は全て動画に納めていましたが、怖くなってデータは消してしまい、包丁は駅のゴミ箱に捨てたと証言します。

ミステリー研究会

おなじみのミステリー研究会が日比野と五島の前に現れ、泉先生がある事件を追うための潜入捜査官だったというのです。

そしてそのことがばれて犯人に殺されてしまったと。。

そして、名前も偽名だったと言います。名前には犯人の手がかりとなるヒントが隠されていると推理します。

が、あっさり日比野が否定します。

相変わらずのポンコツミステリー研究会なのでした。

日比野の疑問「動画がなんか変。」

日比野は動画がなんか変であるという事が気になります。

動画の画角が途中で変わっているのです。途中から別日に撮影しているのではないかと考えます。

・兎遊の画のサイズが前半と後半で異なる。

・前半には軽音楽部の練習の音が入っているのに、後半には音が入っていない。

・前半には窓から月明かりが入っているのですが、後半には入っていない。

以上からこの動画は二人が協力をして作られていると推理するのです。

そこで五島は言います。二人は大ケンカ中。その二人が協力して動画を作れるはずがないと。

日比野は言います。「二人はもう仲直りしていますよね?」

あの不仲SNSはひっかけ問題だったのです。

実は2人はすでに仲直りをしていおり、SNSのにおわせも、「不仲」ではなく「親友」をほのめかしていたのです。

不仲をにおわせていたと思っていたSNSは二重のにおわせで同時に親友であることも表していたのでした。

嫌いなふりをするのは難しかったと兎遊はいいます。

二人の動機

大々的に大喧嘩をしてしまったため仲直りをしたと言えなくなってしまった。

警察を混乱させる動画を撮ればバズると思ったそうです。

日比野はさらに渕梨乃動機に疑問を感じます。動画のためにそこまでするのか。。。

 

「失敗しちゃったね。このままじゃホントにヤバいよ。。」と意味深に話す、兎遊とボールドウィン零。

一連の生徒たちの自供は誰かを守るためのものなのでしょうか。

すると、なんと次は生徒会長が自白してきました!

あなた犯人じゃありません第3話のネタバレ感想

後ろ向きな日比野

「細かい」ことを五島につかれ、またしても「死んだ方が良い」とネガディブ思考を発揮!可愛いし、刑事である五島より頭も切れるのに、ネガティヴになる必要ないですよね!!

「根暗」と呼ばれてしまうのも可哀想でした。

今時なにおわせ

SNSの投稿を「縦読み」すると仲が悪いように見えるのに、「斜め読み」するととっても仲が良いのが分かるって、高度ですよね!

2人のアイコン写真が斜めをさしているのはお見事でした!

ボールドウィン零の意味深な発言

犯人のふりに失敗した二人。ドラマの最後にボールドウィン零が「失敗しちゃったね。このままじゃホントにヤバいよ。。」とつぶやきます。

これはドラマがまさかの方向に進む予感がしませんか?

単純に生徒が犯人と名乗り、日比野が否定していくなかばコメディーのような作品だと思っていましたが、ドラマ後半の台詞が今後の展開をにおわせている気がしました。

新しい展開に期待したいです。

「あな犯」次回(第4話)の展開予想と見どころ

今度は徒会長の頓知気さきな(本人)が自分がやったと自白してきました!これまでの3人へも指示をし、名乗らせたと言うのです。

なんと証拠も出てくるようですね!これは論破するのが難しいのではないでしょうか。

「あな犯」第3話 主な登場人物

日比野芽奈(本人)

クイズが大好きなクラスの委員長。ネガティブで、クラスに友達がおらず、「根暗」呼ばれてしまいます。

後藤刑事(山崎樹範さん)のバディをつとめることになり、事件解決のために知恵を絞っています。

五島ケイジ(山崎樹範さん)

事件の担当刑事。初めての事件解決に向けて、気合は十分でが、事件を解決する力はなさそうです・・・。

嘘の自白をしてくる生徒たちの話を信じてしまいますが、ミステリー同好会の言うことだけは違うと気が付けます。

泉(北乃きいさん)

既に使われていないプールで、胸を刺された刺殺死体で発見されます。ウエディングドレス姿でした。

第3話では兎遊とやらせ動画を撮ろうとしていたと言われます。

兎遊(本人)

日本語が下手で、なかなかクラスに馴染めなかったところをボールドウィン零(本人)に救われます。それ以降仲良しでしたが、半年前に喧嘩をしてしまいます。

「兎遊ちゃんねる」というYouTubeをやっています。

ボールドウィン零(本人)

兎遊と仲良しでしたが、大喧嘩をしてしまいます。兎遊が撮っていた動画に、走って逃げる姿が残っており、泉先生を殺した犯人だと自白します。

 

あな犯2話見逃し 1分で読めるあらすじのまとめ

今回も日比野の名推理で誤認逮捕を避けられました!日比野がいなかったらと思うと、五島が心配です。

次はいよいよボスっぽい生徒会長の自白です。証拠もあるようですが、いよいよ犯人でしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です