お盆のお供えの品物は何が良い?金額の相場や初盆ののしの表書きの書き方は?

ご主人の実家に帰るときのお供え物って結構悩みませんか?

お盆の時期にはお墓参りに行ったり、お仏壇にお供えをしたりしてご先祖様をお迎えしますよね。

この時期には旦那の実家に帰る方も多いとは思います。

良かれとおもって選んだものが、実は失礼に当たるようなことになっては、せっかくの気持ちも台無しになってしまいますよね。

今回は具体的にどのようなものがお供えに適しているのかを解説します!

また、品物の金額の相場についても紹介しますので、より具体的に検討することもできると思います。

手土産につきものであるのしの付け方のマナーについてもご説明しますよ。

お盆のお供えを選ぶポイントを一通り抑えてあるので、これでもうお供えに悩むことはありません!

お盆の帰省の前にしっかりチェックしておいてくださいね。

スポンサーリンク

お盆のお供えの品物はどんな物が良い?

お盆のお供えではお菓子類やフルーツの盛り合わせなど、集まった親族同士で分けられるようなものがお供えでは好まれます。

帰省土産のコーナーなどに多くの種類があり、時期になるといろいろなところで販売されます。

お供えの本来の意味は、ご先祖様や故人に対してのものなので、故人の好きだったものをお供えするのが一番よいとされています。

でも、最終的に頂くのは残された親族たちなので、集まる方たちが持ち帰ったり食べたり出来る方がが喜ばれる場合もあります。

特にお酒は飲めない方もいるので、お供えとして選ぶには慎重になったほうがいいですよね。

ご主人側の親族の方の嗜好がわからないという場合は、ご主人に頼んでさりげなくリサーチしてもらうか、相手を選ばないような、お菓子などの詰め合わせを用意していくといいでしょう。

どうしても聞いておきたいという場合は、親族に「仏様が好きだったものをお供えしたいのですがどのようなものがいいでしょうか」というように確認してみましょう。

また、故人がなくなられて初めてのお盆に当たる初盆は少しお供えについても変化がある場合があります。

初盆は、通常のお盆に比べ、より手厚くお迎えする傾向にあり、お供えもお金で準備することもあります。

 

お盆のお供えの金額の相場はいくら?

お盆のお供えの品物の金額の相場は地域によって差はありますが3千円程度が一般的です。

特に初盆のときには、お金とお供え物の両方を用意したいと考える方もいるかもしれません。

その時にはお供え品物の金額を相場より少し下げてもかまいません。

ただし、特に香典の金額については地域やその実家や家系の中での決まりごとが独自にあることも多いです。

特に嫁いで初めてのお盆を迎えるという場合はこうしたしきたりや決まり事についての情報がないという方もいると思いますので、まずはご主人などを介して実家のやり方を確認することが大切です。

スポンサーリンク

初盆のお供えののしの 表書きはどうする?

品物をお供えする場合の表書きは「御供物」「御供」などが一般的です。

これは仏式、神式の両方で使えます。

品物の場合にのしを付けることがあると思いますが、のしという言い方は正式にはおめでたい時の付けるもののことを言います。

お盆のお供えにつける紙の場合は「掛け紙」や「水引紙」という言い方をします。

品物を購入したときには、のしの有無を聞かれることがあると思いますが、掛け紙と伝えるか、お盆のお供え用のものをという風に伝えると間違いがないでしょう。

掛け紙には表書きを上の段に書き、下にはお供えを渡す人の名前を書きます。

基本的には苗字のみで構いませんが、親族が多く同じ名前の方が複数いる場合はフルネームを書くといいでしょう。

まとめ

お盆のお供えものは皆で分けられるようなお菓子類やフルーツなどが一般的で、3000円程度が相場です。

のし(掛け紙)は「御供物」や「御供」が仏式にも神式にも使える表書きとなっています。

水引は黒白のものを使用しましょう。

ここでは一般的は方法や相場などを紹介しましたが、お供えのやり方や金額は地域によって様々なので、実家のやり方を知っておくとより安心です。

全国的に一般的な表書きや水引のマナーと合わせてそれぞれの家庭にあった方法でご先祖様をお迎えしましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です