お賽銭の金額で恋愛に縁起の良い相場と語呂合わせは?金額が多いほうが本当にいいの?

恋愛祈願の際のお賽銭について考えてみました。

気になりますよね、お賽銭の金額って。。

なんだか、お賽銭に関して相場なんて言葉を使ってしまって、若干の罪悪感がありますが。。

こちらの記事にお越し頂いたのは、なんとしても恋愛を成就させたい方々なのかなと思います。

恋愛成就を願うには神社に行ってお参りをすることがあるかと思いますが、その時のお賽銭の金額って迷いませんか?

少ないと願いが叶わない気がするし、実体の無いものに大きな金額は使いたくないというのは多くの人が持つ本音だと思います。

なにもお賽銭に限ったことではありません。

こんな事言うと罰当たりなやつって怒られるかも知れませんが、現実はそんな感じですよね?

自分自身が納得できて、気持ちよく出せるお賽銭の額って知っておきたいですよね。

今回は恋愛におけるお賽銭の金額の相場や縁起の良い語呂合わせなどから、どのくらいの金額を納めたら良いかの目安になるお話をしたいと思います。

良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お賽銭の金額は?恋愛成就に良い相場はある?

そんなもんありません!

以上。

説明になっていなかったので、改めてお賽銭の金額の相場について解説!
お賽銭は気持ちといわれています。
ググれば大概そんな説明ばかりです。
金額は決まっていません。自由な金額で大丈夫です。
恋愛祈願の場合は20円(5円玉✕4枚)か115円あたりが語呂的にも良いと思います。
良いご縁がありますよう似という意味の語呂ですので。
ご縁=5円玉で用意すると良いといわれますが、そんんなに5円玉が財布に入っていることも無いと思いますので、他の小銭と合わせて大丈夫です。
1枚位5円が入っているとよいですね。
金額に関して、友達と一緒にお参りに行って自分だけ少ない額だからといって恥じる必要もありません。
恋愛祈願に限ったことではなく、お賽銭はその人の気持ちを納めるものですので、高額だからといって願いが叶いやすいなんてことは決してありません。
そんなんだったらzozoの前澤社長ばかり恋愛成就しちゃいますよ!
実際してるがな。。
お金がなければ収めなくても良いですよ。
神様はお金を受け取りません!
えっ!?
夢のない話ですが、お賽銭は神社が使用するお金になります。
でも、お賽銭なんて納めなくていいやと思わないでください。
お賽銭はあなたの気持ちの表し方の一つですので、お参りをするのであれば納めましょう。
先程も言いましたが、神様はお金を受け取りません。
神様に伝えるのは感謝の気持ちです。
ですので、お金がないのであれば、神社にゴミが落ちていたら拾って捨てるなど神様のいる神社で感謝の気持ちを持って良いことをしましょう。
近所の神社であれば通るたびに神様に挨拶しましょう。
気持ちの良い行いをすることが重要です。
結論!
お賽銭は金額が大事なのではなく、あなたの気持ちが大切。
それをお賽銭というカタチで表す習わしがあるので、みんなやっているのですね。

 

お賽銭の金額の語呂合わせを紹介!

とはいえ、お賽銭を納めるのが当たりえと考える人もいますよね。

お賽銭を納める場合でも、少しでも願いを叶えたいと思えば縁起の良い金額を納めたいと思うのではないでしょうか。

そこでよくいわれるのが語呂合わせです。

ご縁→5円などが有名ですよね。

良縁、恋愛に関するお賽銭の語呂合わせについて紹介します。

ただし、語呂合わせの金額が良いか良くないかと言うお話は抜きです。

語呂に意味がないという人もいますし、最初にもお話したように金額は関係ないのです。

あくまでも金額を決められない時の目安として参考にしてください。

◆5円
ご縁がありますように。

◆10円(5円2枚)
重ね重ねご縁がありますように。

◆15円(5円3枚)
十分ご縁がありますように。

◆20円(5円4枚)
良いご縁がありますように

◆21円
割り切れない数字なので、恋愛継続・夫婦円満願に良いとされています。
※31円でも良いそうです。

◆25円(5円5枚)
二重にご縁がありますように

◆30円(5円6枚)
安定と調和のとれたご縁がありますように(「6」という数字が使われる「六角形」には、安定と調和をもたらす意味があります。)

硬貨ではなく、お札のほうが良いというお話もあります。

自分にとって少し痛いくらいの金額を納めるのが良いとも聞きます。

これも、本来は気持ちと考えるのであれば、正しいとは言えませんよね。

いくら納めるとか、お札にしたからと言って恋愛が成就するわけではありません。

それはあなたが一番わかっていることでもあると思います。

 

スポンサーリンク

お参りのやり方とお賽銭の作法は?

金額についてはご説明したように自由です。

良いと思う金額で納めましょう。

それよりも大事なことがあります。

お参りの仕方と作法です。

まず、お参りをする際に自分の願い事ばかりをを心の中で言っていると思います。

それ、間違いです。

お参りする際には必ず感謝が先です。

家族ともども健康でいられること、素敵な恋が出来たこと、ここに来られて、こうやってお参りができること。

自分の身に起こっていること全てに感謝しましょう。

そして、自分の大切な人の健康と幸せを願いましょう。

周りあっての自分の幸せです。

最後に自分の恋愛成就のお願いをしましょう。

お参りの作法

神社の参拝は二礼二拍手一礼が基本です。

1.お採算箱の前で神様に軽く会釈をしましょう。

2.綱を揺らして軽く鈴を鳴らしましょう。

3.丁寧な動作でお賽銭をお賽銭箱に入れます。
※この時、投げたりしないようにしましょう。

4.お辞儀を2回(二礼)、そして手を2回たたきます(二拍手)

5.両手を合わせ、感謝と願い事をしましょう。

6.最後に1礼します。

お寺でのお賽銭を入れる時は投げても大丈夫です。

邪気を払う、煩悩や欲を捨てるといった意味がありますのでお賽銭を投げることで煩悩や欲を捨てることになります。

 

まとめ

恋愛に関するお賽銭の金額や語呂合わせについてお話をしました。

縁結びの神様の前で大切なのは気持ちと感謝を込めたマナーであるということが理解頂けたら良いなと思っています。

金額はそこまで重要ではありません。

これも気持ちを表す方法のひとつです。

お賽銭お金額を決める時の目安として参考になればと思います。

皆様が素敵なご縁に恵まれますように!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です