浅草寺の初詣2022の屋台情報!異例の参拝ルールに注意!

浅草寺2022

スポンサーリンク

2022年の浅草寺の初詣屋台情報と参拝時間や参拝のルールについて紹介します。

例年とは異なる生活様式の中で初詣のルールにも変化が出ています。

お出け前にぜひ、チェックしてください。

スポンサーリンク

浅草寺の初詣2022年の屋台情報!

2022年の浅草寺の初詣では、

屋台が復活します!

12月31日から1月6日まで境内に100店舗の露店が並びます。

6日以降、一度露店の入れ替えをし8、9、10日再び屋台が出ます。

昨年は屋台が中止のためガッカリされた方も多かったのですが、今年はたくさんの屋台が出ることになりました。

嬉しいことではありますが、感染症予防は慎重にしながら新年を迎えましょう!


 

浅草寺の初詣2022年の参拝時間は?

2022年新年、0:00に本堂が開くとのことです。

大晦日にお出かけして、新年明けてすぐのお参りが可能です。

以下は開堂と閉堂の時間です。

1月1日午前 0時~午後8時30分
1月2日午前 6時30分~午後7時30分
1月3日午前 6時30分~午後7時
1月4日午前 6時30分~午後6時30分
1月5日午前 6時30分~午後6時
1月6日午前 6時30分~午後6時
1月7日午前 6時30分~午後6時
スポンサーリンク

浅草寺の初詣2022年は入場規制が行われる

2021年の初詣は入場制限が行われます。

元旦(1月1日)~1月3日まで雷門を入った参道(仲見世)は入場制限区域となります。

お参りも決まった順路に従いお参りをすることになり、本堂内陣でのお参りは出来ません。

お賽銭箱の前でお参りをし、順路に従って出ていく事になります。

また、各所にアルコール消毒が設置されるとのことです。

出展:浅草寺

ご祈祷とお札の受け取りは可能です。

ご祈祷は事前に郵送でも受け付けています。

ご祈祷は、郵便でのお申し込みも受付けております。 郵便お申し込み要項はこちら>>

当日のお申し込みは、本堂東西、参道の札場で受付けいたします。

引用:浅草寺

入場規制なども行われることから、お参りにはかなりの時間がかかることを考慮してお出かけしましょう。

スポンサーリンク

浅草寺の大晦日初詣2022の屋台情報のまとめ

2022年も残念ながら、屋台の出店は中止となっています。

参拝時間に関しては、大晦日から元旦に朝にかけてお参りや御祈祷(お札の受け取り)可能です。

参拝は入場規制がされ、順路に沿ったお参りとなります。

そのため、参拝に時間がかかる可能性がありますので時間に余裕をもってお出かけしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です