Switch不思議のダンジョン風来のシレン 5plus 過去タイトルとの違いは?

Switch不思議のダンジョン風来のシレン 5plusは過去タイトルとの違いは?

スポンサーリンク

2020年12月3日に発売されたswitch版「不思議のダンジョン 風来のシレン 5plus フォーチュンタワーと運命のダイス」は過去にDS版とPAVita版で発売されたことがあるゲームです。

そのため何となくタイトルを聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

でも、これらのタイトル、遊ぶゲーム機が違うだけで中身は同じなんじゃないかな?と思っていませんか?

そんな人はもしかしたら損をするかもしれません。

これまでに発売された風来のシレン5と今作であるswitch版との違いはもちろん、そもそも風来のシレン5がどんなゲームかなど、口コミも交えて紹介していきたいと思います。

実際にプレイした動画を見た私の感想や、おすすめ度なども紹介しますので、購入前の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

不思議のダンジョン 風来のシレン 5plus フォーチュンタワーと運命のダイスってどんなゲーム?


「不思議のダンジョン 風来のシレン 5plus フォーチュンタワーと運命のダイス」は、1000回遊べるダンジョンRPGがキャッチコピーで、その名の通り、飽きの来ないシステムがたくさんあります。

そもそもこの風来のシレン5は、冒頭でもお話した通り、さまざまな媒体で発売されています。

 

その軌跡がこちら、

2010年「風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス」DS版発売

2015年 「風来のシレン5 plus フォーチュンタワーと運命のダイス」PSVita版発売

2020年 「風来のシレン5 plus フォーチュンタワーと運命のダイス」Switch版発売

なんと初版から10年たった今になって新たなハードで発売されるということになりますね。

それだけファンも多く、愛された作品だということなのでしょうね。

この軌跡を元にして、それぞれがどう変わったのかが、今回購入するかどうかを判断するポイントでしょう。

ただ、風来のシレンシリーズをこれまでにプレイしたことがないという人にとっては、そもそもどんなゲームなのかも知りたいですよね。

 

まずはそちらから紹介していきます。

風来のシレン5はどんな物語?

風来のシレンというタイトル通り、シレンが主人公のRPGです。コッパという名前のイタチが相棒で、シリーズごとにいろんなところを旅します。

5である今回の作品の舞台はフォーチュンタワーになります。

風来のシレンシリーズはちょっと変わったRPG

そもそも風来のシレンの基本的な情報として、ダンジョンへ入るたびに敵や地形が変わるという特性があります。

シリーズによってはお金や持ち物がダンジョンから出るとなくなってしまったり、敵のレベルが強いなど様々な違いがあります。

RPGといえば、少しづつパーティのレベルを上げて強敵に立ち向かうというのが一般的ですが、シレンシリーズは、武器を強くしたり、アイテムの使い方や戦術を自分自身で考えながら攻略していく必要があります。

不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイスの新要素は?

不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイスは3つのソフトが出ていますが、それぞれ何が変わったのかを紹介します。

まずは今回発売になったswitch版と、前作に当たるPSVita版との違いをお伝えします。

前作のPSVita版から加わった新要素は

・3つの新しいダンジョン

・ライブ探索機能

・風来救助

・BGM図鑑

です。

それぞれどんな機能なのか紹介しますね。

3つの新しいダンジョン

今回増えるダンジョンは自ら目標のターン数を設定する「死線の回廊」や、モンスターを一度の攻撃で倒すと経験値をたくさんもらえる「運命神の裏庭」、武器が一切落ちていない「無刃の荒野」があります。

ライブ探索機能

これは今自分が持っている道具やターン数などを画面上に表記させることができる機能です。

探索の際にとても便利なうえに、ライブ配信などを行う実況者さんや視聴者さんにとってもありがたい機能ですね。

オンオフが可能なので自分のプレイスタイルに合わせて選んでみましょう。

風来救助

HPが0になった時にほかのプレイヤーに救助してもらえる機能が風来救助です。

この機能自体はほかのシリーズでもあるのですが、今回は世界各国のプレイヤーともつながることができるようになりました。

今作は海外でも発売が予定されているので、海外のシレンユーザーとの交流も楽しみですね。

ただし、海外の方との交流が不安という方は言語によって救助を要請する範囲を制限できるので救助依頼の対象を分けることもできますよ。

BGM図鑑

物語攻略中に一度でも聞いたことがある音楽を再度聞くことができる機能がこのBGM図鑑です。

Switchは持ち運びも可能なのでミュージックプレイヤーのように使うこともできそうですね。

過去のPSvita版とDS版との違いは?

初版であるDS版からplusがタイトルに加わったPSVita版との違いは、初めから遊べる5つのダンジョンに加え10つの新たなダンジョンが追加になりました。

その他、BGMが少し変わっていたり、アイテムの細かな仕様の違いがあります。

画面が大きくなったので、見やすくなることや、DS特有のすれ違い通信などの機能が使えなくなったことも変更点です。

また、DS版とPSVita版では相互性がないのでDS版のパスをPSVita版で使うことはできず、PSVita版のパスをDS版で使うこともできません。

スポンサーリンク

不思議のダンジョン 風来のシレン5plus フォーチュンタワーと運命のダイスの口コミは?

風来のシレン5Plusの口コミを紹介します。

さまざまな救済要素で本作がシリーズ初プレイとなる人でも遊びやすいようになっていますし、久しぶりに遊ぶ人にとっても34種類のダンジョンがあるので飽きることなく遊び続けることができます。

電撃オンラインより引用

 

どんなプレイヤーにもオススメでき、お値段もかなり手頃で、プレイ時間に対するコスパは圧倒的です。

 

シレン5にはダンジョンに昼と夜の概念があって戦略性に変化が出てくるのも面白いですね。スイッチ版では新たにダンジョンが追加されているので以前プレイされたことがある方でも楽しめると思います。

価格.comより引用

 

まだまだ発売されたところなので口コミも少ないですが、なかなか楽しめるゲームのようですね。

やり込みが大好きな私にとって、コスパがいいというのはありがたい情報です。

風来のシレン5Plus 実況映像を見た私の評価は?

あまり口コミが少なかったので、発売日0時から配信している実況者さんのチャンネルを覗いてみました。

はむ

ちなみに私は風来のシレンシリーズは一度もやったことがない初心者です。

そんな私がゲームを見た感想は、めちゃめちゃ頭使うなーという感じでした。

従来のRPGと大きく異なり、レベル上げがなく、ダンジョン内で手に入る道具や武器で攻略していく必要があります。

攻略の仕方は本当にその人それぞれ何通りもあるという感じです。

主人公のシレンのレベルは上がらなくても、プレイヤーである私たちの経験値をしっかりつんで、試行錯誤しながらダンジョンに立ち向かっていくというスタイルは根強いファンがいる理由がよくわかりました。

ダンジョン内でやられてしまうと、すべての道具がなくなってしまうという初心者にはきびしい設定のように思えますが、タグ付けした道具は救済できるなど初心者でも攻略しやすい要素も含まれているので安心してプレイしていけそうです。

シレンファンにとっては当たり前の知識である武器や道具などの使い方や立ち回り方などは、村の住人達に話しかけることで教えてくれ、戦闘になる前には試練の塔のようなチュートリアルができる場所もあるので、初めから戸惑うことなく進めることができるでしょう。

こういうところは親切設計ですね。

ただ映像がドット絵なんですよね。

私的には最近の映像の美しさに慣れてしまってとちょっと物足りなさを感じてしまいました。

逆に根強いシレンファンにとっては当時が懐かしくて親しみを持てるのかもしれません。

不思議のダンジョン風来のシレン 5plus の評価まとめ

風来のシレン5Plusは1000回遊べるRPGがコンセプトでやりこみ要素が満載のゲームです。

ダンジョンを抜けるたびにレベルが1に戻ったり、やられると道具がなくなってしまうという、なかなか初心者には過酷な設定のようですが、救済処置もあり入りやすい作品に仕上がっています。

映像のクオリティが上がっていくゲーム業界ですが、初めて風来のシレン5が発売された当時のようなドット絵で懐かしさを感じる人も多そうです。

シレンファンはもちろんシレンデビューの人にとっても楽しめるソフトでしょう。

気になる人はぜひ購入してみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です