switch モンハンライズのレビュー ゲーム大好き主婦が言いたい放題!

switch モンスターハンターライズのレビュー ゲーム大好き主婦が言いたい放題!

スポンサーリンク

switchのモンスターハンターライズをプレイした感想をまとめてみました。

先に結論から言うと、「このゲーム面白く、やりがいがハンパない!」です。いろいろと親切な設計にもなっているのでそのあたりも解説します。

この記事では今までモンスターハンターをやったことがない人や購入を迷っている人へ、参考になればと思っています。

 

スポンサーリンク

モンハンライズを1分で解説!

 

モンハンライズは、1~4人でモンスターを倒していくゲームです。

主人公はモンスターを討伐するハンターで、町の人から依頼されたクエストをこなしていきます。

モンハンの最大の魅力は、武器や防具がたくさんあることで、それぞれ討伐したモンスターの素材を使って作ります。

武器と防具の組み合わせは、かなりの数があるので、自分の好きなスタイルでモンスターを狩ることができるというところを楽しむゲームとなっています。

 

これまでのモンスターハンターシリーズと比べて今作は初心者の人にも始めやすいポイントがたくさんあるので、今からモンハンやりたい!という人は断然ライズがおすすめです。

詳しい内容についてはレビューの項目で紹介しますね。

スポンサーリンク

モンハンライズはどんな人におすすめ?

モンハンライズが向いている人は

・コツコツ作業が好きな人

・ストイックにゲームに打ち込みたい人

・みんなでワイワイゲームがしたい人

・自由度が高いゲームが好きな人

・恐竜などのモンスターが好きな人

です。

みんなでワイワイとストイックな人というのはちょっと相反するようですが、モンハンはソロプレイとパーティプレイができるので一人で究極を極めたい人も、みんなで楽しく遊びたい人にもおすすめということになります。

先程簡単に紹介しましたが、モンハンの世界は討伐したモンスターの素材やクエストに向かった先の場所で得られる素材を使って武器や回復アイテムなどを作ります。

かなりの自給自足生活なので、時には自分が欲しい素材がなかなか手に入らないこともあります。

強い武器や装備を作るには、貴重な素材が必要なので、何度もモンスターを討伐したり山菜採りに行ったりしなくてはいけません。

こうした作業のような行為を楽しくできる人が向いているといえますね。

 

モンスターは恐竜やカエル、サルなどをモチーフにした恐竜のような見た目なので、お気に入りのモンスターが絶対見つかります。

 

はむ

新規のモンスターを討伐するときに紹介VTRが入るのですが、それがめちゃくちゃかっこいいんですよね。日本をイメージした作風が私はとってもすきです。
スポンサーリンク

Switchモンハンライズのレビュー 良かったところ

モンハンライズの良かったところは

・モンスターがかっこいい

・BGMがいい

・キャラクターが日本語をしゃべる

・移動がスムーズになった

・新しいアクションで爽快感が増した

以上が特に良かったと感じました。

 

◆モンスターがかっこいい!

モンスターがかっこいいというのは、CMなどで見て気になっている人もいるかと思いますが、これは文句なしのポイントですね。

私が最後にプレイしたモンハンが4Gという3DSのソフトだったので、画質のきれいさと迫力を見て感動したくらいです。

水辺の戦闘では、モンスターの体が水に濡れている様子や水しぶきなどもリアルで臨場感あふれる戦闘が楽しめるところも魅力ですね。

 

◆BGMがいい!

「BGMがいい」という所ですが、今作からキャラクターが日本語を話すようになったこともあってかBGMに歌詞がついているんです。

和のテイストの音楽はずっと聞いていられるほど美しくて気分が上がりますよ。

 

◆キャラクターが日本語をしゃべる

今までのモンハンは何語だったのかというと、いわゆる「モンハン語」を話します。

話しかけても何を言っているかわからなくて字幕で判断という感じでした。

それがモンハンの世界って感じで私は気に入っていたのですが、日本語の方が違和感がないので初めての人には入りやすい世界観だと思います。

 

◆移動がスムーズ

「移動がスムーズ」というところは、今作からの新要素が関係しています。

モンハンではオトモと呼ばれるネコちゃんを連れて狩りに出かけるのですが、今作からワンちゃんがオトモに加わりました。

このワンちゃんに乗って移動することで、移動にスタミナを使うことがなくなりサクサクと目的地まで行くことができるようになりました。

さらにジャンプ力もあるので段差を超えるのも楽々です。

 

 

はむ

こちらが私のオトモのワンちゃんです。名前や武器、防具はもちろん、毛並みや耳の形まで詳細に決めることができます。

 

 

◆新しいアクションが追加!

「新しいアクション」として虫を使って移動や攻撃ができる機能が追加されたので、過去作に比べて爽快感はすごいアップしています。

手綱のように虫を操作してモンスターに乗ってあやつったり、モンスター同士を戦わせることもできます。

操作がとても難しく感じるかもしれませんが、丁寧にチュートリアルがあるので初めての人でも安心ですよ。

 

はむ

不安な人は慣れるまで、同じクエストを数回行ってみてもいいですし、どんどんクエストを進めながら覚えてもいいです。

 

こういうやり方も自由なので、自分の好きなようにハンターライフを送ることができますよ。

スポンサーリンク

Switchモンハンライズのレビュー 残念なところ

今回のモンハンライズ、基本的にはとっても満足なんですが物足りないところをあげるとしたら「親切設計が増えた」ことです。

 

はむ

え?親切なのに残念なの?

 

この親切設計は、初めてモンハンをする人にとってはとってもありがたい機能ばかりです。

私が冒頭で初めてモンハンをするならライズがおすすめ!と言ったのは、この親切設計があるからなんですね。

 

はむ

一見親切な要素が増えたのなら良いところのようにも思うのですが、私的には少し物足りないと感じてしまいました。

 

ちょっとした不便がモンハンの世界のリアルさをうまく表現していたので私は好きだったので少し寂しさがあります。

もし、初心者さんでスキルが上がってきたら、他のタイトルをプレイしてみるのもいいかもしれません。

 

私が寂しさを感じた親切設計の中身はこちら

・クーラー、ホットのドリンクがなくなる

・消耗品が無制限になった

・モンスターの位置が開始すぐにわかる

・ダメージが数値で記載される

・素材集めの方法が簡素化した

・モンスターの攻撃のタイミングがわかる

その他、細かいポイントはたくさんあるのですが、わかりやすいところでいうとこのあたりです。

 

◆クーラー、ホットのドリンクがなくなる

クーラードリンク、ホットドリンクというのはモンスターを討伐する場所によっては必要なアイテムでこれまでのモンハンシリーズにあったものです。

火山地帯に行くときはクーラードリンク。雪山に行くときはホットドリンクをもって行き、現地で飲まないと体温調節ができずにHPがずっと減り続けます。

忘れてしまうとかなり厳しい戦いになり、個数の制限もあることから効果がなくなるまでに討伐しないといけないという制限があります。

討伐とは別のところで心配しなくてはいけないストレスがなくなったので、より狩りに集中することができます。

 

◆消耗品が無制限になった

同じように砥石や投げナイフといった消耗品も個数無制限に持つことができるようになりました。

特に砥石は使用していくうちに衰える武器の切れ味を回復させるためのもので必須のアイテムです。

こうした消耗品を序盤はしっかり確保しながら狩りに挑まないといけなかったのが、そうした手間が省けたのも親切なポイントですね。

 

◆ダメージが数値で記載される

また、ダメージが数値化されたり、モンスターの強い攻撃がくる前にキャラクターが話しかけてくれるところも、わかりやすくていいアシストなのですが、これを自分の感覚でつかんで倒すことがおもしろいところだったのになと少し残念な気持ちにはなりました。

数値でダメージ数がわかるので、各モンスターの弱点もわかりやすいですが、自分でいろいろ攻撃しながら弱点を見抜く面白さはなくなってしまいましたね。

 

◆素材集めの方法が簡素化した

素材集めは、これまでは素材のあるところで採取する回数分ボタンを押さないといけなかったり、鉱石をとるにはピッケルをもっていかないといけませんでしたがこれもかなり簡素化されました。

ピッケルは基本持っていることが前提となり、一回素材が落ちているところを調べるだけで一気にそこで手にはいる素材が採れるようになりました。

コツコツと連打して素材集めをする必要がなくなり、ピッケルが壊れる心配もしなくて済みますが、一振りごとに自分の欲しい素材がくるかと期待しながら掘っていた楽しみはなくなりました。

結局のところ、不便ありきで引き起こされるハプニングもモンハンのおもしろさだったんですよね。

例えばネットプレイ中の文字などが限られたコミュニケーションしかできない中で、誰かが何かで困っているのを察したり、連携をすることのおもしろさもあったので、便利になりすぎるのもなぁと思いました。

スポンサーリンク

Switcモンスターハンターライズのみんなの感想

ここまでは私の感想を書いてきましたが、その他のみなさんのレビューを集めてみました。

 

・やり応えはあるけど覚える事が沢山あるゲーム

 

・古参プレイヤーには合わないと思う。初めてのモンハンって人向け

 

・できることが多いぶん、操作が複雑化してしまった側面もあるけれど、動きの自由度や爽快感が高まっているのが好印象です。

 

・根幹の部分はそのままに、新規採用の“翔蟲”アクションで移動がラクになったり、ボイスでモンスターや仲間の動きがわかるようになったりで遊びやすい

 

・のっけから覚えることが多く、初心者の参入障壁は依然としてちょっぴり高めかな。

 

 

そもそも、モンハンは一般的なゲームよりも難易度が高いゲームだと私は思っています。

実際に私がモンハンデビューしたときも、経験者の友達に教えてもらい、一緒に狩りに連れて行ってもらうことで独り立ちしました。

 

これまでの作品に比べてライズは親切設計が増えたことで新規のプレイヤーにも入りやすい仕様になっているというのは皆さん感じているようですね。

 

モンハンはコアなファンが多いこともあって厳しい設計を楽しむところに魅力を感じている人が多いようです。

古株さんにとっては少し物足りないと感じる要素もありますが、総合的にはやっぱりおもしろいゲームであることは揺るがないんですよね。

 

はむ

結局のところ、残念要素があるとあれだけ言っていた私も、すっかりはまって主婦とハンターの兼業をしています。
スポンサーリンク

まとめ

モンハンライズは初心者にも始めやすい、たくさんの要素が含まれたシリーズです。

モンハンのコアなファンにとっては少しもの足りない要素もありますが、モンハンが面白いことには変わりがなく、結局おすすめのタイトルということは揺るぎません。

やりごたえ十分のモンハン、自信をもっておすすめします。

まだ、やったことがない方はぜひモンハンライズでハンターライフをスタートさせてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です