賃貸契約の初期費用の平均は?安く済ませるには?敷金礼金なしデメリットも解説!

電卓

新生活を迎えるお子様がいる場合、引越しに伴い賃貸契約をすると、敷金・礼金などの初期費用がかなりかかってくるのは覚悟されているかと思います。

しかし賃貸契約の初期費用の平均がどのくらいかは皆さん気になるところだと思います。

また、初めての引越しですと家具家電を揃えなくてはならず、賃貸契約の初期費用はできれば抑えたいところですよね。

初期費用は安く抑え、生活するのに必要なあれこれを揃える資金として、お金を準備しておきたいはずです。

今回は、賃貸契約にかかる初期費用の平均や、初期費用を安く抑える方法や敷金・礼金なしの物件のデメリットまで、気になるポイントをしっかり解説していきますね!

スポンサーリンク

賃貸契約の初期費用の平均はいくらくらい?

賃貸契約の初期費用は敷金・礼金の有無にもよりますが、家賃の5ヶ月〜6か月分が平均と言われています。

家賃が8万円ですと、初期費用は40万〜48万程度になると見積もっておきましょう。

また、不動産会社の担当者に相談すると、初期費用を計算して教えてくれます。

気になった物件があれば、初期費用を算出してもらう事も出来ますので、物件探しの際には活用するといいでしょう。

賃貸契約の初期費用を安く抑える方法は?

 

お財布とお金

 

初期費用を抑える方法ですが、交渉による家賃の値下げは難しいと覚えておきましょう。

当初言われていた条件と違うなど、交渉する材料がある時ならば可能ですが、基本的には家賃の値下げは行われないです。

特に引っ越し繁忙期は値下げは難しい傾向にあります。

ですが、敷金・礼金の額を下げてもらうことは比較的容易です。

不動産会社で物件を探す時に、「予算が少なく敷金・礼金を下げたい。交渉しやすい大家さんがいる物件を探している」と伝えると良いですね。

敷金・礼金の交渉の方法ですが、2つの方法があります。

1つ目は、「是非、入居したいが予算が少ない。なんとか敷金・礼金を安くしてくれないだろうか」と、正直に言う方法です。

空室期間を設けたくない大家さんであれば、敷金・礼金を安くしてくれる可能性が高いです。

しかし、あくまでも大家さんの好意によるものとなるので、必ずしも成功するとは限りません。

2つ目は同じエリアの物件の初期費用を調べ、敷金・礼金の金額に開きがあれば、安い敷金・礼金の物件の価格に合わせてくれるようお願いする方法です。

データを見せる事によって、大家さんも値下げせざるを得ない状況に持って行きやすいのがメリットです。

調べる手間がかかるのがデメリットですが、やる価値はあると思います。

首都圏に限ったお話をさせていただきます。

都会の人は冷たいというイメージを持たれている方は多いかと思います。

融通が利きにくいというイメージかと思いますが、実際はそんなことはありません。

私は首都圏でたくさん引っ越しをしてきましたが、非常に人情的な大家さんは多いものです。

特に若い学生さんには親心の様な気持ちになるのか、とても良くしてくださるお大家さんもいらっしゃいます。

ですので、ダメ元で交渉をするというのも良いでしょう。

その時は必ず不動産屋さんを通してお願いしましょうね。

不動産屋さんが大家さんに交渉して頂けるのはその不動産屋さんが大家さんから直接物件を任されている場合が多いです。

スポンサーリンク

大家さんと面識がなく、物件を紹介するだけの不動産屋さんの場合は専門家でも交渉ができないケースもあります。

その点を考えると紹介してもらう物件もお世話になる不動産屋さんが管理していたり、大家さんと不動産屋さんが面識がある物件を選ぶと良いです。

また、敷金・礼金の交渉以外にも、いくつか初期費用を抑える手段はあります。

 

◆敷金・礼金が安い物件を探す

不動産会社の担当者に相談し、敷金・礼金を含めた初期費用が安い物件を紹介してもらいましょう。

 

◆仲介手数料の安い不動産会社を探す

仲介手数料とは、不動産会社が大家さんと入居者との間に入り、入居までのサポートを行うための手数料です。

ですが、不動産会社によっては「仲介手数料半額」等を掲げている会社もあり、仲介手数料を安く済ませることも可能です。

不動産会社のホームページを確認し、仲介手数料の項目をチェックしておきましょう。

 

◆入居日を月末に

月末に入居すると、初月家賃が安くなる可能性が高いです。

月末に入居すれば部屋を使う期間が短いので、本来一月分払う家賃を、日割りにしてもらうようにお願いするのですね。

月末と書きましたが、目安としては25日以降がオススメです。

うまくいけば、数万単位で初月家賃を抑えることが出来ますよ!

スポンサーリンク

敷金礼金なしの物件に住んだ場合のデメリットは?

 

悩む女の子

 

先程、「敷金・礼金を抑えるのが初期費用を安くするコツ」とご紹介しましたが、敷金・礼金ゼロ物件を選ぶのはどうなのでしょうか?

敷金・礼金ゼロ物件を選ぶと、初期費用はかなり安くなります。

ですがその反面デメリットもありますので、確認しておきましょう。

 

◆退去時に高額請求される可能性がある

退去時に綺麗に使っていても、「原状回復費」として高額請求が来る場合があります。

敷金を払っていれば、そこから「原状回復費」が出るのですが、ゼロ物件の場合は自分で払わなくてはいけません。

 

◆トラブルがあっても対応してくれないことも

礼金を払わない物件の場合、トラブルがあっても「自分で業者を探して解決してください」という冷たい言い方をされる場合もあります。

礼金を払っていればトラブルがあってもきちんと対応してくれますし、大家さんや管理人さんも親切にしてくれる傾向が強いです。

敷金・礼金は「安心料」だと捉え、初めての一人暮らしの場合は高くても敷金・礼金がある物件を選ぶのがいいと思います。

ただし、お金を取るか安心を取るかは人それぞれです。

まとめ

 

賃貸契約の初期費用についてご紹介しました。

初期費用の平均は、大体家賃の5ヶ月〜6ヶ月分です。

物件探しの際に不動産会社の担当者に相談すれば、初期費用がどれだけかかるか計算してくれます。

初期費用を抑えるには家賃の交渉ではなく、敷金・礼金を安くしてもらうように交渉しましょう。

あらかじめ仲介手数料や敷金・礼金が安い物件を探すのも、初期費用を抑える有効な手ですね。

敷金・礼金ゼロ物件は、初期費用が抑えられる反面デメリットもあります。

例えば退去時に高額請求されたり、トラブルがあっても親切に対応してくれないこともあったりします。

敷金・礼金は安心料とも言えますので、お金を取るか安心を取るかは人それぞれです。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です