賃貸の内見が遠方の為できない場合のデメリットは?契約は郵送でも可能?

遠方に引っ越しをする際、仕事や家庭の都合で中々時間が取れず、内見や契約の時間を作れないという事がありませんか?

そんな時は出来れば内見から契約まで1日で済ませてしまいたいものですよね。

しかしながら、時間が足りず内見を諦めてしまったり、契約は後日となってしまい、再度出向かなくてはいけなかったりという事態もある事でしょう。

内見をしないで部屋を決めたり、契約店に直接出向かず契約を交わすことは可能か万が一の時のためにも知っておきたいところですよね。

そこで今回は、内見をしないで部屋を決める事において生じるデメリットや、郵送のみでの賃貸の契約の有無について、詳しくお話しさせていただきますね。

賃貸の内見が遠方で何度も行かれない!一日で契約を終わらせられる?

内見から申し込みまでは、頑張れば1日で終わらせることも可能です。

ただし、申し込み後には入居審査があり、内見→契約は1日で終わらせるのは不可能なのです。

申し込みの後に行われる入居審査とは、その人物が物件に住むにふさわしいか判断する審査です。

  • 家賃の滞納はしなさそうか
  • 他の入居者に迷惑をかけなさそうか
  • 近隣の住人とトラブルを起こさないかどうか

細かい条件は違ってきますが、おおむね上記の条件に基づいて審査が行われます。

入居審査は大家さんが行う場合が多いですが、不動産屋での立ち振る舞いや服装等に問題があると判断されると、大家さんに審査を回す前に落選という可能性があります。

ですので、入居審査に落とされないよう、内見や申し込み時の立ち振る舞いや服装にも、十分気を配るのがポイントです。

また、申し込み時に連帯保証の保障会社を使用する場合は審査が増えます。

そうなると、契約までの時間が更に延びてしまう可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

入居審査の期間はどのくらい?

入居審査にかかる日数は、一般的には3〜10日ほどかかると言われています。

なぜこんなにもばらつきが生じるのでしょうか。

その理由として一番多いのが、「申込書に不備があるから」という単純な理由です。

申込書には年収や勤務先の住所や電話番号、保証人の情報等、普段書き慣れていない情報を事細やかに書かなくてはいけません。

それ故ケアレスミスも起きやすく、不備も起きやすいのですね。

また、大家さんが多忙であったり用事で不在であったりと、大家さんの都合で審査が滞っている場合も稀にあります。

不安な方は担当者と連絡を取り、審査の進捗状況を訪ねるのも手です。

ただし、あまりにもしつこく聞いたり催促したりするのは失礼ですので、連絡を取るのはほどほどにしておきましょう。

賃貸の内見が出来ない場合のデメリットは?

スポンサーリンク

 

内見について、やむを得ない事情がない限りはなるべく内見はした方がいいです。

なぜ内見をすべきなのかというと、書面やインターネットの情報だけでは分からない情報が沢山あるからです。

「百聞は一見にしかず」という言葉もあります。

例えば周辺の音や入居者の雰囲気、周囲の環境や部屋の設備の状態など、内見をしてみないと分からないですね。

内見をしないで入居した場合、内見してから入居した場合に比べ、トラブルの発生率も高くなると言われています。

また、内見時に立ち会って、入居候補者の顔を見たいという大家さんも多いです。

ですので、内見必須を条件に掲げて、内見しないと入居出来ない物件もあるのです。

賃貸の契約は郵送でも出来る?

 

内見の時間はなんとか取れたけど、その後に契約に出向くのは厳しいいという方は多いです。

賃貸の契約は不動産屋に出向かずに行うことは可能なのでしょうか。

不動産屋さんとのやり取り、契約書の受け渡しなどはすべて郵送や電話で行うことが出来ます。

しかし、大家さんや不動産会社によっては、まったく顔を合わせずに契約をするのはNGという場合も多いです。

最低でも一度は内見または契約に出向く必要があります。

不動産屋さんにしても実際にどんな人か分からない人を大家さんに紹介するのはリスキーですし、信頼関係にもつながります。

もし郵送で契約するとなっても、メールや電話での密な連絡は欠かさないようにしましょう。

まとめ

 

遠方への引越しに関する内見と契約の方法についてご紹介しました。

賃貸の契約は、内見→申し込みまでは1日で終わらせることが出来ます。

しかしその後に、その人が入居するのに相応しいか判断する「入居審査」がある為、1日で契約まで持っていくのは不可能です。

入居審査は3〜10日が一般的ですが、申込書の不備や大家さんの都合により、時間がかかる場合もあります。

内見に関しては時間がないからと内見をせず契約をするのは、出来るだけ避けた方が良いです。

実際に見ないと分からない事も多いですし、内見せずに入居すると、予想外のトラブルに見舞われる可能性が高くなります。

また、大家さんによっては内見なしでは入居させないとしている場合もある為、内見は行くべきだと言えるでしょう。

賃貸の契約は郵送でも可能ですが、大家さんによっては断られる事もあります。

忙しいかとは思いますが、家族がいれば協力していただくということも考えても良いですね。

生活する場所を選ぶので、一度は引越し先に出向くことはしておきましょう。

ご参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です