東京オリンピックチケットの電話認証ができない原因と対処法を解説!

11月13日から東京オリンピックの第二次抽選販売の申込みがスタートしました。

チケットを申し込みにはID登録を経て、チケットの申し込み、そして電話番号認証があります。

この電話認証がうまくできず、苦戦している人は多いようです。

最後に一番手こずる手続きということから「ラスボス電話番号認証」と呼ばれるほど。

そんなやっかいな電話番号認証を済ませてはやく購入手続きを完了したいという焦りでいっぱいになりますよね。

そんな方のために、電話番号認証ができない原因と対処法について解説します!

繋がりやすい裏技があるという噂も。。

その真相は?

スポンサーリンク

東京オリンピック チケット電話認証ができない原因は?

電話番号認証ができない主な原因は一気に大勢の人数がアクセスして回線の通信システムがダウンしてしまったことです。

つまりインターネット回線や電話回線がパンク状態になったためにつながりにくくなってしまったのです。

 

抽選申込では一気に申し込みが殺到するため、販売サイトへの入場が制限されたりでアクセスがしにくくなります。

 

電話番号認証ができない原因は

  • 自分が登録している電話番号と手続きに使用する電話機の番号が異なる。
  • 使用する電話機が番号通知されていない。

など手続きの段階での見落としなども原因もあります。

 

電話番号認証ができない時の確認事項と対処法は?

電話番号認証ができない原因は大きく分けて4つほど考えれられます。

以下の4つが当てはまらないか確認してみてください。

 

① ID登録した電話番号と違う番号でかけている

② 自分が掛けた電話機が番号非通知設定されている

③ 電話番号認証用の電話番号が表示されてから120秒以上がたってしまている

④電話番号認証用の電話番号を間違って掛けている

 

また、①~③の場合、掛けた時の状態は「話し中」の状態になります。

それぞれ解説していきますね!

 

ID登録した電話番号と違う番号でかけている

公式チケット販売サイトでチケットの抽選申込の前に「TOKYO2020ID 新規登録」の画面でID登録をしたと思います。

ID登録時に入力した電話番号と電話番号認証する際に使用する電話機の番号が一致しなければ電話番号認証は成功しません。

もう一度、登録した電話番号を確認してください。

電話番号認証の電話番号が表示されるページの下に「登録情報を変更する」というボタンがあるのでクリックし、ログインしてプロフィール変更画面で電話番号の変更ができますよ!

正しい番号で電話番号認証すれば問題なく認証されるはずです。

 

自分が掛けた電話機が番号非通知設定されている

ご自身が掛けた電話機に非通知設定はされていませんか?

電話番号認証は、ご自がかけている電話番号の通知をして、ID登録した電話番号と一致しているかの確認が行われますので、非通知にしていては確認ができないため成功しません。

番号通知するためには電話番号の前に「186」をつけて発信すると、発信元の電話番号が相手側に通知されます。

ご自身の電話機が非通知設定されている場合、またはされているかどうか分からない場合は、電話番号認証用の電話番号の前に「186」をつけて掛けましょう。

 

スポンサーリンク

 

電話番号認証用の電話番号が表示されてから120秒以上がたってしまている

こんな原因もあります。

電話番号認証用の電話番号が表示れてから120秒以上経過してからかけた場合は認証されません。

「電話番号認証(着信認証)を中断」のボタンをクリックして、カートの画面に戻り、もう一度電話番号認証用の電話番号を再発行して掛けなおしましょう。(再発行の電話番号は別の番号になります)

 

電話番号認証用の電話番号を間違って掛けている

電話番号認証の画面で表示される電話番号認証用の番号と実際掛けた電話番号が違っていたりしてませんか?

間違い電話ということですね。

確認してもう一度掛けなおしてみてください。

番号表示されて120秒すぎてしまった場合は、「電話番号認証(着信認証)を中断」のボタンをクリックして、カートの画面に戻り、もう一度電話番号認証用の電話番号を再発行して掛けなおしましょう。(再発行の電話番号は別の番号になります)

 

電話番号認証出来ない原因として上記がよくあります。

また、問題なくやっているのにも関わらず電話がつながらず、認証ができなくて焦ってしまうかもしれませんが、チケットの購入は先着順ではなく抽選なので期間内に認証ができれば大丈夫です!

アクセスが集中する時間を避けて再度チャレンジしてみてください。

 

第1次抽選申込の時は公式チケット販売サイトにアクセスすると順番とおよその待ち時間が表示されていたので、今回もそれを参考にしながら空いている時間をねらってみましょう!

 

皆が寝ている深夜(1時~4時あたり)が狙い目のようですよ!

あと、抽選申込開始日と最終日と土日は混雑するのでその日以外がベストです。

 

 

電話番号認証はスマホと固定電話どちらが繋がりやすい?

電話番号認証の際に固定電話とスマホはどちらが繋がりやすい?

ということが話題にされています。

電話番号認証をするのにスマホから掛けるのと固定電話から掛けるのではどちらが早いかと言うと、固定電話のほうがつながりやすいという意見が多いようですが、固定電話でもつながらない人も実際いるので、結論から言うとどちらでも変わらないと言って良いでしょう。

もし、固定電話のほうがつながりやすいと考えるのであれば、スマホからかける人数と固定電話からかける人数の差が関係しているのかも?!

今やほとんどの人が自分のスマホを持っているので、「1つの電話番号回線につき、電話番号認証ができるのは1IDのみ」となると、自分のスマホの番号を登録する人が多く、スマホの回線が混雑して掛かりにくくなっているのかも知れませんね。

SNSの投稿では最初スマホにしていて、繋がらないのでID登録での電話番号を固定電話に変更したらすぐかかったいう人の声が結構ありました。

 

 

しかし、逆のパターンもあるようです。

固定電話でかからず、ID登録の電話番号をスマホに変えた人たちの声もみつけました。

 


※IP電話の場合は証用電話番号の前に「0000」や「0009」を付けて発信しないと一般電話回線にならないそうです。

 

このように、固定でも携帯電話スマホでもつながる時はつながるし、繋がらない時はつながらないようです。

上記のSNSの意見のように電話機を固定かスマホに変えたらかかったということは・・・

もしかするとそういう場合は電話機による番号通知設定の有無の問題も一つの原因かもしれないですね!

 

スマホで繋がらなかった人が固定電話でつながったケース

電話をかける時に認証用電話番号の050の前に「186」を付けないで発信していた。

スマホの設定で番号通知が設定されておらず失敗。

固定電話の番号に登録を切り替えた。

固定電話は番号通知設定がされていて成功した。

 

固定電話で繋がらずスマホでつながった場合

① 電話をかける時に認証用電話番号の050の前に「186」を付けないで発信していた。

固定電話のほうが番号通知が設定されておらず失敗。

スマホの番号に登録し直し、スマホは番号通知設定がされていたので成功した。

 

② 固定電話のほうはIP電話であり、050の番号の前に「0000」か「0009」をつけずに電話をかけたため一般回線になっていなくて失敗した。

 

スマホと固定電話のどちらがつながるのか?というよりどちらも番号をしっかり通知していればスムーズに出来たということが皆さんの声からわかりますね。

 

IP電話で認証用電話番号の050の前に「0000」つけたのに失敗した

・「0000」はNTT東日本とNTT西日本提供するIP電話対応機器

・「0009」はKDDI・ソフトバンクテレコム・ワイモバイルが提供するIP電話対応機器

① 自宅の電話がKDDI・ソフトバンクテレコム・ワイモバイルのIP電話だと「0009」のほうをつけなければならなかったのに「0000」をつけたために失敗した。

② それ以外の会社の提供するIP電話だった。

→その場合は直接その提供する会社、プロバイダーに一般電話回線での発信方法を確認してみてください。

どうでしょう、スマホか固定電話どちらが繋がりやすいのか気にもなりますが、今手元に有るスマホと固定電話、どちらのほうが確実に番号通知をしてかけることができるのか考えて、確実なほうを選んでみるのもよいかも知れませんね!

受ける側の環境やタイミングなどにもよってかかりにくい場合もあるので、その選んだ電話機を信じて何度かチャレンジするしかないですね!!

チケットゲットのためにがんばりましょう!

電話番号認証が繋がりやすくなる裏技の真相は?

SNSなどでも裏ワザなどの記事が色々アップされていますが、どれも真相は定かではありません

 

私が一番おすすめする方法は集中する期間の日にちと時間をを外してアクセスするということですね!(裏ワザではないかもしれませんが)

 

とは言うものの、実際どんな裏ワザが紹介されているのか気になりますよね!

 

【裏技?】050の後につづく番号によって繋がりやすさが違ってくる

SNSなどでは、認証用電話番号の050の後につづく番号によって繋がりやすさがかわってくると言われています。

例 050-※※※※-〇〇〇〇  ※の4桁の部分が重要ということです。

【裏技のやり方】
認証用電話番号の再発行(リロード)を行い続けて、繋がりやすい番号がでれば掛ける。または色々な番号で試してみる。

SNSの情報から掛かりやすい番号掛かりやすい番号を書き出してみました。

繋がりやすい番号 3159・3161・3171・3177・3186
繋がりにくい番号 3159・3167・3186・31873188・3196・3197

アンダーライン「_」がはいっている数字は比較的多く言われている数字です。

しかし、3159や3186のように両方言われるようなこともあり、また、後半の書き込みのほうでは繋がりにくいと多く書き込まれていた3188も繋がるようになってきたりで、繋がりやすい番号、繋がりにくい番号は変化こともあるようです。

こういう状況なので、特定の番号のみというわけではないようですね。ただ、番号を変えれば運良くつながるということも期待はできそうですね。

その時の混雑状況やタイミングの問題が大きく関係していそうですね。

 

SNSを見ていたら、繋がらないと書き込んでいる人は抽選申込開始日の当日~翌日あたりの人々でした。

3日以降後の人たちの書き込みは以下の感じです。

ずっと申込にチャレンジしていて今日も無理かと諦めながらサイトにアクセスしてみたら、すんなり申込み画面まで進め、電話番号認証も一回であっさり申込みできました。この前まで混雑していたのは何だったのか・・・(申込開始日から3日後)
引用:Twitter

 

チケットの申し込みをしてみたら、待ち時間なく手続きできた。電話番号認証の待ち人数も8人で1分待ちぐらいだった。申し込み開始初日に多くの人が繋がらないと言っていたが、初日にアクセスしてサーバーが混雑するのは容易に想像できたのではないだろうか。(申込開始日から4日後)
引用:Twitter

など、少し日にちがたてば電話番号認証も苦労なくできる感じですね。

裏ワザであれこれ試すよりもこちらをおすすめします!

ただし、締切日はまた駆け込みする人がでてくるので混雑するので、それまでに手続きは済ませておきましょうね。

 

まとめ

オリンピックのID登録ができても電話番号認証でみなさん苦戦していますが、ほとんどは自分の掛けている電話機がID登録したものと違う番号。

または電話機から番号通知がれていない、アクセスが集中しすぎて回線がパンク状態になっているという状態でつまずいていると考えられます。

設定をよく確認し、混雑の期間をはずしてアクセスすれば、手続きできるはずです。

チケットの購入は先着順ではなく抽選です。

申込期間内に手続きすればよいのですから、焦らず、落ち着いて手続きをすればうまくいきますよ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です