ウチカレ2話の視聴率とネタバレ感想

ウチカレ2話の視聴率とネタバレ感想

スポンサーリンク

恋愛小説家の母・碧と、オタクな娘・空のエキサイティングラブストーリー「ウチの娘は、彼氏が出来ない」。第1話では、碧と幼なじみの仲の良さがわかったり、碧が新しい編集担当や整体師さんと出会ったり、空がイケメン同級生や整体師さんと出会ったり、物語が始まり、ワクワクが止まりません!

2人は同じ整体師さんに一目惚れしていますが、誰とどんな甘いお話が待っているのか楽しみです。

サルワカくん

こちらでは「ウチカレ」第2話の視聴率、ネタバレ感想と次回(3話)のみどころを紹介をします。
スポンサーリンク

ウチカレ2話の視聴率は?

ビデオリサーチ調べで8.8%でした!初回の10%超えから比べると、ちょっと下がってしまいましたね・・・。

親子で同じ人に恋をするなんて、レアなテーマだと思うんですけどね。今後も仲良し親子の動向が楽しみです 。

ウチの娘は彼氏が出来ない 第2話のあらすじ

仲良し親子の碧(菅野美穂さん)と空(浜辺美波さん)は、同じ人を好きになっているとは知らないまま、それぞれ整体師の渉(東啓介さん)に恋しています。

碧と渉

久々の恋愛に浮かれている碧は、「新作の恋愛小説のため」と気合を入れて、整体院へ行きます。出版社では「40代女性が整体師に恋する」とう碧の企画を聞き、編集長・小西(有田哲平さん)は首を傾げています。担当の漱石(川上洋平さん)は碧のことを心配しています。

なんと渉は25歳!しかも50代に間違えられ、碧の恋は3日で終わりました・・・

空と光

一方、空がゼミ中に落書きをしているのを見た光(岡田健史さん)は、「大事な話」があると空を呼び出します。前回のゼミの飲み会以降、気まずい関係なので、空は身構えます。光は空を喫茶店に呼び出し、まさかのカミングアウトをします。実は光、大学デビューで人気者にはなったものの、隠れ二次元オタクだったのです。

実はコミケで会ったことがあったようなのです。光は完全に変装をしており、会っていても気がつかないレベルです。オタクであることを隠して欲しいと、空にお願いします。パブリックイメージを崩さないためです。

そして、一緒に漫画を描かないかと、光は空にもちかけます。

空と碧

空は家に帰り、早速碧に報告します。

空は「やらない」と言いますが、碧は「やれば良い」と勧めます。世の中はそんなに簡単じゃないと、言い合いになってしまいます。

空と渉先生

空は頭を冷やそうと、家を飛び出します。たまたま立ち寄ったカフェで渉に再会します。コツメカワウソの話から動物園デートの約束をすることに成功!

空を探しに来た碧は、仲良さげに話す空と渉を見かけ、衝撃を受けます。

その夜、碧はゴンちゃん(沢村一樹さん)と俊一郎(中村雅俊さん)のいるおだやへ向かいます。動き出した空の恋に、「オタク」だから振られるんじゃないかと碧は心配をしています。

恋愛テクニック伝授!

家に帰った空ですが、自宅に碧はおらず、携帯も家に置きっぱなし。おだやにいるのを見つけ、デートの作戦を立てようと、自宅に碧を連れ戻します。

自宅に帰り、秘伝の技を伝授します。63個も教えてくれますが、「昭和」だとクレームです。

光の本気!

ゼミのカラオケに参加していた空と光。ですが、途中で空は帰ろうとします。空は話すときの距離が近いと、光に文句を言いますが、光はこりません。そして漫画のプロットを作ってきます。「漫画は描くものじゃなくて、読むものだ」と取りつく島もありません。

ですが、どこまでもついてきて、力説をする光。思わずたちどまり、話を聞いてしまう空。失敗知るのを恐れている光と、自分も一緒だとと空は共感してしまいますが、それでも漫画は書きません。

碧と漱石

空のデートの洋服を探している最中、漱石が自宅に現れます。お湯をわかすことしかしない蒼。一緒にカップヌードルを食べます。そして、整体師との恋が終わったことを報告します。その整体師と娘がデートすることも伝えます。

本当のことが聞きたい、もう自分は女としてダメなんじゃないかと、泣いているふりをして、自分の恋愛技術が終わっていないことを確認しようとします。まんまとテクニックにひっかかり・・・かけますが、ストーカー彼女の伊藤沙織(福原遥さん)と空が登場します。

沙織は過呼吸を起こして、倒れてしまいます。仕事があるため、漱石は先に会社に帰ってしまいます。そんな沙織から空は感化を受けます。

空と碧は2人でデートの勝負服を選びます。そしていよいよ渉と動物園デート!

スポンサーリンク

ウチカレ2話のネタバレ感想

かあちゃんの本気が可愛い

整体師の渉(東啓介さん)に恋したかあちゃんこと碧(菅野美穂さん)。整体に行くのに、バッチリメイクで向かいます。お家を出る前に、空に写真を送ってみたり、施術の影響でパンダメイクになってしまったり・・・

本気が裏目には出ていますが、恋する乙女ですね!

 

いろいろぶつかる渉

190cmもあるのにサバをよんでいたり、あらゆるところにぶつかってしまう渉。かっこいいのに、抜けているところが、母性本能をくすぐります。

私も身長をサバ読むタイプなので、一緒でなんだか嬉しいです。

https://twitter.com/uchikare_ntv/status/1349565874886217732

コツメカワウソ

「うそうそうそうそ コツメカワウソ」と言う空(浜辺美波さん)。確かに可愛いですよね!からの「ドキドキ スッポンモドキ」。こちらも思わず笑ってしまいました。

この話から、コツメカワウソをみに行こうと動物園に誘われるって良いですよね!おそらく碧の恋愛テクニックにはない技術だと思いますが、スムーズなデートの誘われ方ですよね。

プラネタリウムになる寝室が素敵

大きなベッドに空の壁紙だけでも可愛い碧の寝室ですが、なんとプラネタリウムにもなるんですね!!お家にあんな素敵な寝室があったら、外でお泊まりするのが嫌になりそうです。

沙織の健気さが怖い

一緒に住んでいるのに、漱石の働いている会社でアルバイトをしてみたり、GPSで居場所を調べる沙織(福原遥さん)。強すぎです。

自覚のある「ストーカー」なのは良いですが、お付き合いするってなると大変そうですよね。

ウチカレ次回(3話)の展開予想と見どころは?

同じ人が好きだったと分かった碧と空。年齢差や50代と思われていることから、碧は渉のことを諦め、空のデートがうまくいくように、お手伝いをします。

そしていよいよデート!おそらく空初のデート。碧のお手伝いもあって、とっても可愛い格好でデートへ向かいますが、そこはオタク。きっとデート中もオタクな一面をふんだんに披露してしまうのではないでしょうか。

碧は恋愛をしていないと恋愛小説が書けない碧。渉との恋が終わってしまったので、大問題です。ゴンちゃん(沢村一樹さん)とデートをすることになるようですが、こちらはうまく行かない気がします。お互いに「幼なじみ」から抜け出せないような気がするからです。碧とも空とも仲が良いので、ゴンちゃんと碧が結ばれるのも、良い展開だとは思うんですけどね!

それぞれの恋愛が第3話も楽しみです。

ウチの娘は彼氏が出来ない 第2話 主な登場人物

水無瀬 碧(菅野美穂さん)

シングルマザーで44歳。「恋愛小説の女王」と呼ばれる、恋愛小説家です。空(浜辺美波さん)のお母さんです。

続編や映像化を期待していた初のミステリー「アンビリカルコード」が大コケ。また長かった編集部の担当もチェンジ。そしてまた恋愛小説の新作を編集部からリクエストされています。恋愛から少し遠のいてしまっているため、なかなか小説が書けず、自信もなくしかけです。

四十肩がキツく、治すために訪れた接骨院で、整体師・渉(東啓介さん)に一目惚れします。

水無瀬 空(浜辺美波さん)

立青学院大学に通う大学生。20歳。年齢=彼氏いない歴。オタク活動に大忙しです。地元商店街の老舗鯛焼き屋・おだやでアルバイトをしています。碧の娘です。

小説を書くことしか出来ない母親・碧に変わって、お家のことをやったり、家計をやりくりしたりと、とてもしっかり者です。

街中でこけてしまった時に、たまたま通りかかり、メガネを直してくれた渉に一目惚れしています。

入野光(岡田健史さん)

立青学院大学の学生で、空と同じゼミです。学校1の「陽キャ」でモテます。学校1の「陰キャ」である空が気になっているようです。

実は元々2次元オタクで、そのことを空にカミングアウトします。

橘漱石(川上洋平さん)

散英社で働いており、新しい碧の担当です。

伊藤沙織(福原遥さん)とお付き合いしており、沙織はより一緒にいたい一心で散英社でお仕事を始めます。

ゴンちゃん(沢村一樹さん)

碧の幼なじみです。鯛焼き屋おだやの4代目です。碧の良き相談相手で、かつ空にとっても良き相談相手です。

渉周一(東啓介さん)

碧が通う整体院の整体師さんです。碧の小説を全て持っている程の大ファンです。

碧、空、2人が一目惚れしてしまっています。

ウチカレ2話の視聴率とネタバレ感想まとめ

ついび動き始めた仲良し親子の恋愛!なんと同じ人に恋してしまうなんて・・・。そして2話では、同じ人が好きなことに気が付くようですね。

気がついた上で、2人がどのように行動していくのか、楽しみですね。

イケメン整体師、イケメン編集担当、イケメン同級生、幼なじみ・・・どんな恋愛になっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です