淀川花火大会は車椅子でも行ける!おすすめの観覧場所や多目的トイレをご紹介!

淀川花火大会は車いすでも楽しめるの?

ご家族に車いす利用の方がいる場合、なんとか一緒に夏の花火を楽しみたいと考えているのではないでしょうか。

今回は、車椅子を利用しての観覧にポイントを絞り、安全に見られる場所や観覧場所までに車椅子で通行できる場所についてご紹介します。

スポンサーリンク

淀川花火大会は車椅子でも楽しめるの?

淀川花火大会は車椅子で来場することは可能となっていますが、私はあまりおすすめしません。

会場にはスロープもあり、車椅子利用の方でも利用できるトイレの設置もあります。

しかし、夏の暑い時期、大変な混雑と不自由な条件の方が勝っているからです。

でも、ご心配は無用です!

花火を見に出かけられない訳ではありません。

少しでも安全に鑑賞できる方法をご紹介します。

 

会場外で車椅子でも鑑賞できる場所は?

会場内は大変な混雑となり、危険なことも多いです。

車いすで鑑賞される場合の一番のおすすめは会場外の穴場スポットで花火を見ることです。

会場外で鑑賞できるおすすめの場所をご紹介します。

 

淀川の橋の上

◦豊里大橋

◦菅原城北大橋

◦神崎大橋

◦長柄橋

◦新淀川大橋

やはり花火は、打ち上げ場所から遠ざかるほど小さくなりますが、そのぶん混雑もしにくくなります。

淀川に掛かる会場近くの橋であれば、花火を楽しむことができます。

 

 

大阪駅前第3ビル ※鑑賞禁止になりました。

大阪駅前第3ビルの32階・33階がおすすめでしたが、昨年より花火の鑑賞が禁止となりましたので、ご注意くださいね。

 

 

梅田スカイビル

淀川花火を空中庭園から見るためには、前売り特別入場券(第2部)が必要になります。メリットとしては、人数制限がある分、大混雑の心配がないことです。

チケット入手には毎年抽選となっています。

 

本庄公園

河川敷から離れており、会場から少し距離があるため、混雑が少ないスポットです。付近には高層ビルなどがないので、花火が離れている割に見やすい場所です。

 

ホテルから鑑賞

会場は有料席、無料席どちらも混雑は避けられませんので、移動が心配な方にはホテルからの観覧もおすすめです。

お金はかかってしまいますが、会場付近のホテルでは、淀川花火大会の鑑賞を企画とした宿泊プランを設けるホテルも多くあります。

こういったサービスを利用するのも良いと思います。

涼しい場所でゆったりと鑑賞するのも、良いですよね。

 

スポンサーリンク

 

淀川花火大会を会場内で鑑賞する場合は?

ぜひ、車いすの利用者さんと会場に行きたいという方は時間をずらしたり、しっかりと対策をしてでかけましょう。

◆有料の観覧席にて鑑賞

会場付近には複数のスロープが設置してあるので、車椅子の方も入場することは可能です。

ただ大変な混雑になりますので、入場時や退場時は、周りのお客さんと時間をズラすことをおすすめします。

帰りも周りのお客さんが、ある程度退場してから移動するのが良いでしょう。

 

◆無料の観覧エリアから鑑賞。

無料の観覧エリアも、有料観覧席同様、会場付近に沢山のスロープが設置されており、車椅子で行くことができます。

ただ、有料観覧席よりさらに混雑が激しいので早めに到着しておくことをおすすめします。

打ち上げ場所から離れれば離れる分だけ、勿論混雑は少なくなりますから、人混みを見ながら観覧場所をある程度自身で調節することが可能です。

 

◆スロープの設置場所は?

各会場のスロープ設置状況は以下の通りです。

【十三会場付近】

塚本駅側のスロープ。

十三大橋からのスロープ。

【梅田会場付近】

中津スロープ。

※海老江スロープからは、ダイナミックシートへ行くことが可能です。ですが、混雑がかなり激しいので使用する際には、注意が必要です。

また、どの会場を利用する際にも、観覧する際には、多目的トイレの場所を事前に確認しておきましょう。

屋外で観覧する際には、熱中症対策をしっかりとし、体調に気をつけましょう。

また、当日は交通規制がかかり、どの方法を選んでも会場付近へ車で来場することは、難しいので会場付近まで車での送り迎えも難しいです。

 

淀川花火大会の会場内に多目的トイレはあるの?

 

例年、協賛観覧席の近くに多くのトイレが設置されます。

会場内では、非常に混雑し毎年トイレに行列ができます。

そのため、公式サイトからも、より数の多い協賛観覧席のトイレ利用がおすすめされています。

多目的トイレの設置については、現在設置予定となっています。

 

会場周辺の多目的トイレ情報

トイレの利用はできるだけ事前にしておくのが良いです。

会場周辺で確認のできている多目的トイレをご紹介しますね。

  • 淀川駅 改札近く
  • 野田駅 構内トイレ
  • 姫島駅 構内トイレ
  • 塚本駅 西出口近く
  • 中津駅 (市営地下鉄)
  • 十三駅 1番ホーム内

記載した場所以外にも、複数点在しています。

会場に入ると、大変な混雑が予想されますので、事前に駅などで済ませておくようにしましょう。

 

淀川花火大会の基本情報

名称:第31回 なにわ淀川花火大会

場所:新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川河川敷
大阪府大阪市淀川区新北野3丁目 付近 淀川河川敷

日時:2019年8月10日(土)

時間:午後7時40分〜午後8時40分

雨天の場合:雨天決行 荒天中止

駐車場:なし

最寄り駅:
◆十三会場側
JR東西線 御幣島駅
阪神電鉄 姫島駅
阪急電鉄 南方駅・十三駅
JR神戸線 塚本駅
大阪メトロ御堂筋線 西中島南方駅

◆梅田会場側
阪急電鉄 梅田駅
大阪メトロ千日前線 野田阪神駅
阪神電鉄 野田駅
JR 大阪駅
大阪メトロ御堂筋線 梅田駅
JR東西線 海老江駅

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

淀川花火大会の車椅子での観覧についてご紹介しました。

例年混雑するイベントだけに、車椅子での来場に気後れしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、今回ご紹介したように、会場外から鑑賞すれば少しはスムーズに移動など出来るようになります。

花火大会ですので、どこも混雑はある程度ありますが、会場内よりはおすすめだと思っています。

ぜひ、事前に場所や多目的トイレ情報などチェックしてみんなで花火を鑑賞しましょう!

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です